メインメニューを開く

リオ・ニテロイ橋: Ponte Rio-Niterói)は、ブラジルリオデジャネイロ州グアナバラ湾に架かる全長13,290 mの箱形桁橋である

正式名称は建設を命令した当時の大統領にちなみ、プレシデンテ・コスタ・エ・シルヴァ橋(Ponte Presidente Costa e Silva)であるが、実際に正式名称で呼ばれることはほとんどない。

概要編集

リオデジャネイロ市とグアナバラ湾を挟んで対岸のニテロイとを、所要時間約10分で結ぶ。国道BR-101号線の一部を構成する。

この計画は1875年にさかのぼる。当時ニテロイへ陸路で向かうには、湾を迂回してマジェを経由する100km以上の道のりを進まなければならなかった。1963年に入ると架橋の調査に向けた作業部会が設置され、1965年10月29日には架橋計画の最終案の管理のために実行委員会が設立された。

1968年8月23日にはイギリスエリザベス2世女王夫妻の訪伯に合わせ、当時のアルトゥール・ダ・コスタ・エ・シルヴァ大統領の命令のもと架橋工事が開始された。実際の工事は1969年1月に開始され、1974年3月4日に開通した。

全長約13kmのうち、8,83kmが湾上にある。片道4車線で高さが最高72mある。開通時の1974年から1985年まで、アメリカ合衆国ポンチャートレイン湖コーズウェイに次いで世界で2番目に長い橋であった。

 
リオ・ニテロイ橋の全景

脚注編集

関連項目編集