メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレゴレッタ第二姓(母方の)はビルチスです。

リカルド・レゴレッタ・ビルチス(Ricardo Legorreta Vilchis、1931年5月7日 - 2011年12月30日)は、メキシコの建築家。

リカルド・レゴレッタ
生誕 1931年5月7日
メキシコシティ
死没 (2011-12-30) 2011年12月30日(80歳没)
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身校 メキシコ国立自治大学
職業 建築家
サンアントニオ公共図書館

人物編集

メキシコシティ出身。メキシコ国立自治大学卒業。

1999年にUIAゴールドメダル受賞[1]、2000年にAIAゴールドメダル受賞、2011年に高松宮殿下記念世界文化賞建築部門受賞。

2011年12月30日、死去[2]。80歳没。

主な代表作編集

  • メキシコ日産クエルナバカ工場(1966年)
  • ホテル カミノレアル メキシコ市(1968年)
  • ザ・マーケット・プレイス(オレンジ郡、1988年)
  • サンノゼ子供発見博物館(1990年)
  • サンアントニオ公共図書館(1995年)[3]
  • ハノーファー国際博覧会メキシコ館(2000年)
  • ラティノ文化センター(2003年、テキサス州ダラス
  • テキサスA&M大学カタール校(2007年)
  • カーネギーメロン大学カタール校(2008年)
  • ダヴィドカ広場(エルサレム、2010年)

脚注編集

  1. ^ UIA homepage: Laureates
  2. ^ Mexican architect Ricardo Legorreta, disciple of Luis Barragan, dies at 80 ワシントン・ポスト 2011年12月30日閲覧
  3. ^ トム・アルフィン『レゴでつくろう世界の名建築』エクスナレッジ、2016年、130頁。ISBN 978-4-7678-2190-0

外部リンク編集