リチャード・バージン

リチャード・バージン(Richard Burgin, 1892年10月11日 - 1981年4月29日)は、ポーランド出身のヴァイオリン奏者。本名はリヒャルト・モイセイヴィチ・ブルギン(Richard Moiseyevich Burgin)[1]。妻はヴァイオリン奏者のルース・ポッセルトで、息子は作家のリチャード・バージン英語版。 娘は作家兼マサチューセッツ大学アマースト校ロシア語教授であるダイアナ・ルイス・バージン英語版で、彼女が出版した物語詩"Richard Burgin: A Life in Verse" (Slavica Pub, 1989; ISBN 0-89357-196-2)は、父の生涯について触れられている[2]

生涯編集

シェドルツェの生まれ。

6歳でヴァイオリンをはじめ、ワルシャワでイシドール・ロットに手ほどきを受けた。1903年には短期間ベルリンヨーゼフ・ヨアヒムの指導を受け[3]、1904年にはワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に独奏者として出演した。1908年にはペテルブルク音楽院でレオポルト・アウアーに師事し、1912年に卒業した[3]。1914年にはワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、翌年にはクリスチャニア音楽協会、1916年から1919年までストックホルム音楽協会のそれぞれのコンサートマスターを務めた。1920年にアメリカに渡ってボストン交響楽団のコンサートマスターとなった[4]セルゲイ・クーセヴィツキーが1923年にセルゲイ・プロコフィエフヴァイオリン協奏曲第1番の初演を指揮した時には、オーケストラのコンサートマスターを任され、1924年4月24日アメリカ初演の際には独奏を担当した[5]。1927年からクーセヴィツキーのアシスタントとして指揮をするようになり、1953年からニューイングランド音楽院オーケストラ指揮し、ポートランドのメイン交響楽団などにも客演するようになった。1962年にボストン交響楽団のコンサートマスターを引退し、フロリダに移住。妻と共にフロリダ州立大学で教鞭をとり、地元の室内管弦楽団などを指揮したり、妻と弦楽四重奏団を作ったりした。

フロリダ州ガルフポートにて没[3]

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ RICHARD BURGIN: A LIFE IN VERSE by Diana Lewis Burgin. Foreword
  3. ^ a b c Baker's Biographical Dictionary of Musicians, Seventh Edition, Revised by Nicolas Slonimsky. New York: Schirmer Books, 1984, p. 379
  4. ^ Times magazine
  5. ^ [2]