リチャード・ボイル (庶民院議員)

リチャード・ボイル英語: Richard Boyle FRS、1640年代 – 1665年6月3日)は、アイルランド庶民院議員、王立協会フェロー

生涯編集

第2代コーク伯爵リチャード・ボイルの息子として生まれた[1][2]

1656年11月25日、オックスフォード大学クライスト・チャーチに入学した[1]

1661年、コーク・カウンティ選挙区英語版で当選してアイルランド庶民院議員になった[2]

1663年5月20日、最初の王立協会フェローの1人に選出された[2]

ネーデルラント連邦共和国の戦争(第二次英蘭戦争)に志願兵として従軍したが、1665年6月3日のローストフトの海戦で戦死した[1][2]

出典編集

  1. ^ a b c Foster, Joseph, ed. (1891). Bludworth-Brakell. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 142–170.
  2. ^ a b c d "Boyle; Richard (- 1665)" (英語). Royal Society. 2020年4月24日閲覧
アイルランド議会
先代:
サー・ウィリアム・セント・レジャー英語版
サー・ドナー・マッカーシー
庶民院議員(コーク・カウンティ選挙区英語版
1661年 – 1665年
同職:サー・ヘンリー・ティント 1661年
サー・ジョン・パーシヴァル準男爵英語版 1661年 – 1665年
次代:
ロジャー・ボイル
サー・ジョン・パーシヴァル準男爵英語版