リトアニア地域党

リトアニア地域党リトアニア語: Lietuvos regionų partija、略称: LRP)は、リトアニア社会民主主義政党。2018年、リトアニア社会民主党 (LSDP) から除名された議員を中心に、リトアニア社会民主労働党リトアニア語: Lietuvos socialdemokratų darbo partija、略称: LSDDP)として結党された。

 リトアニアの政党
リトアニア地域党

Lietuvos regionų partija
略称 LRP
党首 ヨナス・ピンスクスリトアニア語版
創立 2018年4月13日 (2018-04-13)
分離元 リトアニア社会民主党 (LSDP)
本部所在地 ヴィリニュス
政治的思想 社会民主主義、地域主義
政治的立場 中道左派
国会
3 / 141
(2020年)
欧州議会
0 / 11
(2019年)
公式サイト
https://www.ltregionupartija.lt/
リトアニアの政治
リトアニアの政党一覧
リトアニアの選挙

歴史編集

リトアニア社会民主党 (LSDP) は2016年の国会議員議会選挙後にリトアニア農民・緑の連合 (LVŽS) と連立を組んでいたが、社会民主党幹部は2017年9月に連立からの離脱を決定した。しかし社会民主党会派所属の国会議員19人(労働党所属の議員2人を含む)のうち12人はこの決定に反対した。2017年10月14日、社会民主党は連立からの離脱に反対した所属議員を党から除名した。

2017年10月末、ゲディミナス・キルキラス首相が新党の結党を宣言した[1]。なお、同月には「リトアニア社会民主労働党」という名称の法人が登録されていた[2]

2018年3月24日、リトアニア社会民主労働党 (LSDDP) の結党大会が開かれ、キルキラスが党首に就いた。4月16日、同党は正式に政党として登録された[3]

2021年6月、キルキラスに代わってヨナス・ピンスクスリトアニア語版が党首に就任。7月、党名をリトアニア地域党 (LRP) に改めた。

脚注編集

[脚注の使い方]