リビティーナ(Libitina)は、ローマ神話における葬儀女神[1]

長母音を省略してリビティナとも表記される。

豊穣の女神としてのリビティーナはウェヌスと同一視され、「ウェヌス・リビティーナ」という添え名をつけられた。冥府の女神としてのリビティーナはプロセルピナと同一視された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960、300頁。

関連項目編集