リューシマケー

ウィキペディアの曖昧さ回避ページ

リューシマケー古希: Λυσιμάχη, Lȳsimachē, : Lysimache)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してリュシマケとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

アバースの娘編集

このリューシマケーは、アルゴスの王メラムプースの子アバースの娘である。タラオスと結婚し、5人の息子アドラーストス(後にアルゴス王)、パルテノパイオスプローナクスメーキステウスアリストマコスと、1人の娘エリピューレーを生んだ。彼女の息子たちは後にテーバイ攻めの七将として、テーバイ遠征軍の将となった[1]。またエリピューレーは予言者アムピアラーオスと結婚したが[1]、夫の死と後の悲劇の原因を作った[2]

プリアモスの娘編集

このリューシマケーは、トローイアの王プリアモスの娘である。50人いたとされるプリアムスの子供の1人ではあるが、ヘカベーの子に含まれておらず、母の名前は伝わっていない[3]

脚注編集

  1. ^ a b アポロドーロス、1巻9・13。
  2. ^ アポロドーロス、3巻6・2以下。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・5。

参考文献編集