リーア・ルブラLeea coccinea 'Rubra')は、ウドノキ属の植物である。

リーア・ルブラ
リーア・ルブラ
リーア・ルブラ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: ブドウ目 Vitales
: ブドウ科 Vitaceae
: ウドノキ属 Leea
: リーア・コッキネア L. coccinea
品種 : リーア・ルブラ 'Rubra'
学名
Leea coccinea 'Rubra'
英名
Red leea

特徴編集

ミャンマー原産。常緑低木で、ナンテンに似ており、は真っ直ぐに伸びる。暗い赤紫色の葉が特徴的である。夏に散房花序を付けて、外側が赤色で内側が黄色を帯びたピンクの小さな花を咲かせる。花の後には、黒い色の果実ができる[1]

脚注編集