メインメニューを開く

ルイ・イェルムスレウ(Louis Hjelmslev、1899年10月3日 - 1965年5月30日)は、デンマーク言語学者[1]

フェルディナン・ド・ソシュールが創始したと言われる記号学(semiology)をより厳密かつ包括的に発展させた言理学(glossematics)と呼ばれる独自の体系を開拓し、言語の理論にメタ記号[2]や共示(connotation)[3]の概念を導入した。

略歴編集

ルイ・イェルムスレウは、1899年にコペンハーゲン大学数学教授のヨハネス・イェルムスレウ(Johannes Hjelmslev)の息子としてコペンハーゲンに生まれた[4]。1920年にコペンハーゲン大学に入学し、ホルガー・ペデルセン比較言語学を学んだ。リトアニアプラハパリに遊学し、1926年から翌年にかけて、パリでアントワーヌ・メイエに学んだ[5]

1929年、学んだのは"比較"言語学であったにもかかわらず最初から"一般"言語学の体系化を目指していたためか、デンマークの出版社からフランス語で『一般文法の原理』を出版する[6]

1931年、「構造主義者」を標榜した1926年創設のプラハ言語学研究会(プラハ学派)に倣い、言語学の理論化について考察を行う集団としてコペンハーゲン言語学研究会(Cercle linguistique de Copenhague)を結成し、没するまでその会長だった(1934年から37年除く)。コペンハーゲン言語学研究会は3つの委員会(文献委員会、文法委員会、音韻論委員会)から構成されていたが、イェルムスレウがもっとも積極的に参加したのは音韻論委員会であって、さらにプラハ学派の音韻論の体系化を認識論的方法論の観点から不十分[7]と考えていたことから2つの学派は対立することとなった。

イェルムスレウが音韻理論に求めていたことは、当時の音韻論が発達したことにより盛んになってきたプラハ学派が打ち出した構造主義言語学よりも根本的に徹底したものであり、「人文諸科学のための方法論」として「完全に形式化された公理をもとにして、言語固有の構造に到達することを目的とする」理論(言理学)を押し進めることであった[8]

コペンハーゲン学派におけるイェルムスレウの重要な協力者だったハンス・ヨルゲン・ウルダル(Hans Jørgen Uldall)はダニエル・ジョーンズの友人であり、ジョーンズはウルダルから言理学について説明を受けたが、ほとんど理解されなかった[9]。しかし音韻論に関してはプラハ学派と並んでジョーンズはイェルムスレウの重要な相談相手だった[10]

1932年、『バルト諸語研究』(フランス語)と題するバルト語派の研究で博士の学位を取得した。1934年からオーフス大学に職を得た[11]。1937年にはペデルセンの後任としてコペンハーゲン大学の比較言語学教授に就任した[12]

言理学の主張について唯一対等に議論できる理論家であったコペンハーゲン大学言語学教授ビゴ・ブレンダール死去の翌年、1943年に、デンマーク語で『言語理論の確立をめぐって』が刊行される。

1950年代初頭より脳硬化症を患ったことにより知的能力の麻痺が徐々に進行してゆくなか、1965年5月30日ルイ・イェルムスレウ死去。享年65歳。

言理学の企図編集

イェルムスレウの言理学は難解なことで知られるが、あくまで”言語学の理論”である。1943年の『言語理論の確立をめぐって』によれば彼は「完全に形式化された公理をもとにして、言語固有の構造に到達することを目的とする」理論を展開しようとしており[13]、この一文だけを引けばバートランド・ラッセルの『On denoting(外示について)』のような客観的に存在する外示体(denotation)のみを対象とした数学的方法を用いた分析方法を連想させるものであった。

しかしながら、1930年代にプラハ学派と対立する中、言語学者のハンス・ヨルゲン・ウルダルの助力を得て言理学の構築を決意する際に打ち立てたられた目標としては、数理科学のための方法論としてではなく「人文諸科学のための方法論」として受け入れられる必要があるという認識がなされており[14]、実際にイェルムスレウが導入した代表的なものとしては、技術的文書の作成においては積極的に避けることを半ば強制される共示(connotation)や普通同じく推奨されないメタ(meta)概念であった。

ロラン・バルトと同じくイェルムスレウの思想を普及させるのに中心的な役割を果たしたアルジルダス・ジュリアン・グレイマス(Algirdas Julien Greimas)の代表的著作の『言語理論』は、このイェルムスレウの提示した構想の方針に沿ったわかりやすい例とされ、グレイマスはその中で次のように書いている[15]

「この本は、言語の理論を作り上げるものである。その理論は、言語学でそれまでに得られた知見を全体として取り入れながらも、とりわけ人文科学の認識論として受け取ることができる。なぜならば、この理論は、言語を通して、人間のすべての表現行為を対象としようとするものだからである。」

結論として、イェルムスレウが構想した理論は、ラッセルのような外示体を対象とした言語の数理的分析という範疇をはるかに超えて、その場その場の表現の方法、音韻論、レトリックなどに踏み込んだ、つまり男性が意中の女性をからかう行為などを”科学的”に分析することを目論んだ壮大な言語学の体系であって、日常で発生する言った言わないの水掛け論を裁判所で精緻に裁くためその水掛け論の構造を合理的に組み立てることを意図して大量の難解な専門用語を導入して説明しようとしたようなもの、と喩えることができる。

肝心のイェルムスレウにしても、自身が提示した理論的な要請を進めていくと、言理学は実現不可能な目標を目指すことになるということに早い段階から気づいて言われるが[16][17]、大きな謎があらかた解決された時代においては、その構想上常に何かしらの労力を必要とすることから、特異な地位を占めることとなった。

フランス構造主義への影響編集

モスクワからの亡命言語学者のローマン・ヤコブソンニコライ・トルベツコイらを創設メンバーとして1926年に発足したプラハ言語学研究会は、ロシア形式主義(ロシア・フォルマリズム)を源流に持ち、1929年にヤコブソンが掲げた「構造論的方法」という用語に由来する「プラハ構造主義」という思想運動を生み出した[18]。その後、ヤコブソンはナチスから逃れるためアメリカに渡ることになるが[19]、その途上に出会ったのが第二次大戦後のフランス構造主義の運動の立役者である文化人類学者のクロード・レヴィ=ストロースであり、結果的にプラハ学派ら「構造主義者」の活動は戦後席巻するフランス構造主義運動の前段階に位置することとなった。

イェルムスレウの思想を一般に紹介した上で多方面に応用することを試みたのはふつうこのフランス構造主義者として知られるフランス哲学者のロラン・バルトであって、『Mythologies(神話作用)』(1957)、『Éléments de sémiologie(記号学の原理)』(1964)、『Système de la mode(モードの体系)』(1967)などの著作を通して紹介すると、1960年代初めにこの「フランス構造主義」で知られる構造言語学への熱狂的関心の高まりの波に乗る形で、イェルムスレウの著作も主にフランスで多数の反響を呼ぶこととなった[20]

著作目録編集

イェルムスレウの理論は独自の術語を大量に用いたもので、難解なことで知られている。

1929年
Principes de grammaire générale. Copenhague: Bianco Lunos Bogtrykkeri. (1929). (邦訳:一般文法の原理
1935年
“La catégorie des cas. Étude de grammaire générale”, Acta Jutlandica (Aarhus) VII, (1935) 
1937年
“La catégorie des cas. Étude de grammaire générale”, Acta Jutlandica (Aarhus) IX, (1937) 
1943年
Omkring sprogteoriens grundlæggelse. København: Ejnar Munskgaard. (1943). (邦訳:言語理論の確立をめぐって及び英訳タイトル「Prolegomena to a Theory of Language」からの重訳本:言語理論序説がある)[21]
1959年
Essais linguistiques. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XII. København: Nordisk Sprog- og Kulturforlag. (1959). (言語学研究)
1963年
Sproget En introduktion.. København: Berlingske Forlag. (1963). (邦訳:言語学入門
1973年
Essais linguistiques II. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XIV. København: Nordisk Sprog- og Kulturforlag. (1973). (言語学研究2)
Sprogsystem og sprogforandering.. Travaux du Cercle linguistique de Copenhague. XV. København: Nordisk Sprog-og Kulturforlag. (1973). 
1975年
Résumé of a Theory of Language. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XVI. København: Nordisk Sprog-og Kulturforlag. (1975). (言語理論概説)

邦訳編集

脚注編集

  1. ^ 河出書房新社編集部『ドゥルーズ 没後20年新たなる転回』河出書房新社、2015年、150頁。ISBN 978-4-309-24735-9
  2. ^ アルフレッド・タルスキのタルスキ意味論のような論理学におけるメタ言語に基づいている。バディル(2007) p.126
  3. ^ "Ms. Mary" は通常"Ms."を 【míz】 と読み心的現象を想起させない中性的な「女性のメアリーさん」を外示(denote)させる。ただし、俗語的に、男性が女性を呼ぶとき、Ms.をmess 【més】(めちゃくちゃ)や muss 【mʎs】(しわくちゃ)と発音したり、 miserable(みじめな)やmisanthrope(人間ぎらい)の省略といってからかったりすることがある。米俗語辞典 「Ms.」の項目。
    このとき、話者の発音のゆらぎに応じて相手が外示体(denotation)以外の(とくに心的現象を想起させる)イメージを促される対象を共示体(connotation)と呼ぶ。
  4. ^ 父親のヨハネス・イェルムスレウは1923年に『自然幾何学』(原著ドイツ語)およびルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインダフィット・ヒルベルトとの対話を出版している。バディル(2007) p.240
  5. ^ バディル(2007) p.7
  6. ^ なお、イェルムスレウが言理学の構想を打ち立てたのは1930年代に入ってからである。バディル(2007) p.10
  7. ^ 根本的には実証主義(logical positivism)と呼ばれる立場が科学に要求する方法を問題とするものであった。バディル(2007) p.9
  8. ^ バディル(2007) pp.9-10
  9. ^ Collins & Mees (1999) p.332
  10. ^ バディル(2007) p.238
  11. ^ バディル(2007) p.239
  12. ^ バディル(2007) p.240
  13. ^ バディル(2007) p.10
  14. ^ バディル(2007) p.10
  15. ^ バディル(2007) pp.17-18
  16. ^ バディル(2007) p.10
  17. ^ 言理学は、プラハ言語学研究会とイェルムスレウが創設したコペンハーゲン言語学研究会との差別化を図る上でも重要な道具立てでもあった。
  18. ^ 石田(2010) p.111
  19. ^ イェルムスレウが生涯会長を務めたコペンハーゲン言語学研究会は認識論的方法の面で対立することになったものの、このプラハ言語学研究会に倣って設立されたものであり、実際にヤコブソンがナチスから逃れてアメリカに渡る途中、コペンハーゲンに一時迎えたのはイェルムスレウである。さらに、1939年から1945年にかけてイェルムスレウはローマン・ヤコブソンエミール・バンヴェニストアンドレ・マルティネらプラハ学派のメンバーと継続的に書簡のやりとりを行っていた。バディル(2007) p.238
  20. ^ バディル(2007) p.15,171
  21. ^ この第二の著書において、「メタ言語」や「共示」などの概念が示された。

参考文献編集

  • セミル・バディル『イェルムスレウ』町田健訳、大修館書店、2007年。ISBN 9784469213119
  • Collins, Beverley; Mees, Inger M. (1999). The Real Professor Higgins: The Life and Career of Daniel Jones. Mouton de Gruyter. ISBN 3110151243. 
  • 石田 英敬 (2010). 現代思想の教科書. ちくま学芸文庫. 筑摩書房. 
  • 『アメリカ俗語辞典』ユージン E. ランディ(編)、堀内克明(訳編)、研究社、1975年。

関連項目編集