ルイバチー半島(ルイバチーはんとう、Rybachy Peninsula)はロシアムルマンスク州にある半島[1]

ルイバチー半島
ルイバチー半島
座標 北緯69度44分10.3秒 東経32度29分56.2秒 / 北緯69.736194度 東経32.498944度 / 69.736194; 32.498944 (ルイバチー半島)座標: 北緯69度44分10.3秒 東経32度29分56.2秒 / 北緯69.736194度 東経32.498944度 / 69.736194; 32.498944 (ルイバチー半島)
最高標高 299mm
所在海域 バレンツ海
所属国・地域 ロシア
テンプレートを表示
ロシア連邦ムルマンスク州の位置


概要編集

ロシア大陸で最も北にある地点の1つであり、コラ半島の北岸からバレンツ海に突き出している。地質はコラ半島本体とは異なり、主にシルル紀初期の堆積岩から構成され、高原状を成している[1]

歴史編集

ソビエトとフィンランドの戦争である冬戦争後、ルイバチーと中半島の西部はフィンランドからソ連の一部となった。ルイバチー半島はトナカイの伝統的な放牧地であるため、2000年に国営のラスヴェットトナカイ飼育場は、半島を特別保護区に指定するよう要請したが、ロシアの環境委員会廃止により、保護区指定の問題は無期限に延期された[2]

脚注編集

  1. ^ a b ルイバチー半島”. コトバンク. 2021年6月10日閲覧。
  2. ^ News article regarding the dispute”. BELLONA. 2021年6月10日閲覧。