ルイ・ル・ヴォー

フランスの建築家

ルイ・ル・ヴォー(Louis Le Vau、1612年 - 1670年10月11日)は、フランス建築家

ルイ・ル・ヴォー
Portrait of a man with the Louvre – Les collections du château de Versailles.jpg
職業 建築家

生涯編集

1612年にフランスのパリで生まれた[1]。弟も建築家であり、石工だった父のもとで建築技法を学ぶ。一家で、様々な建築プロジェクトに関わった[2]

1654年に宮廷の建築家に召し抱えられた。ルイ14世のもとで活躍。ヴァンセンヌ城の改築を手掛け甦りさせた。その後は王室建築総監に任じられた。1670年にパリで死去。

フランス・バロック様式の建築が専門で、オテル・ランベールをはじめとしてヴォー=ル=ヴィコント城館、コレージュ・デ・キャトル・ナシオン、大トリアノン宮殿、ローザン邸 、チュイルリー宮の建築に関与した。

編集

脚注編集

外部リンク編集