ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート

ルイーゼ・ヘンリエッテ・ヴィルヘルミーネ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェートLuise Henriette Wilhelmine von Brandenburg-Schwedt, 1750年9月24日 - 1811年12月21日)は、ドイツブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家の公女で、アンハルト=デッサウ侯(のち公爵)レオポルト3世の妻。

ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート
Luise Henriette Wilhelmine von Brandenburg-Schwedt
Louise von Anhalt Dessau Gemaelde von Angelica Kauffmann KsDW Bildarchiv Fraessdorf.jpg
アンハルト=デッサウ公爵夫人ルイーゼ、アンゲリカ・カウフマンによる肖像画

出生 (1750-09-24) 1750年9月24日
シュトルツェンベルク
死去 (1811-12-21) 1811年12月21日(61歳没)
デッサウ
配偶者 アンハルト=デッサウ公レオポルト3世
子女 フリードリヒ
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ハインリヒ
母親 レオポルディーネ・フォン・アンハルト=デッサウ
テンプレートを表示

生涯編集

ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ハインリヒとのその妻でアンハルト=デッサウ侯レオポルト1世の娘であるレオポルディーネの間に長女として生まれた。1767年7月25日、ベルリンのシャルロッテンブルクにおいて従兄のアンハルト=デッサウ侯レオポルト3世と結婚した。夫は1807年に公爵に陞爵した。夫妻の間には一人息子のフリードリヒ(1769年 - 1814年)が生まれた。

ルイーゼは教養をもつ博識な女性で、芸術に明るいことで知られていた。1775年にはイングランドスイスイタリアをめぐるヨーロッパ旅行に出かけている。

参考文献編集

  • Johanna Geyer-Kordesch (Hrsg.): Die Englandreise der Fürstin Louise von Anhalt-Dessau im Jahre 1775. Nicolaische Verlagsbuchhandlung, Berlin 2006, ISBN 3-89479-341-4
  • Wilhelm Haefs, Holger Zaunstöck (Hrsg.): Hof – Geschlecht – Kultur. Luise von Anhalt-Dessau (1750–1811) und die Fürstinnen ihrer Zeit. (= Das achtzehnte Jahrhundert; Jg. 28, H. 2). Wallstein, Göttingen 2004, ISBN 3-89244-807-8
  • Simone Hübner: Luise von Anhalt-Dessau -- eine aufgeklärte Fürstin? Versuch einer Lebensbeschreibung. Dipl.-Arb. Humboldt-Univ. Berlin 1993
  • William und Ulrike Sheldon (Hrsg.): Im Geist der Empfindsamkeit. Freundschaftsbriefe der Mösertochter Jenny von Voigts an die Fürstin Luise von Anhalt-Dessau 1780–1808. Wenner, Osnabrück 1971

外部リンク編集