ルカ・ラスカ(Luca Rasca, 1972年 - )は、イタリアクラシック音楽ピアニスト

略歴編集

ブゾーニ国際ピアノコンクール(2001年)、カザグランデ国際ピアノコンクール(2000年)、ヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門(1988年)の3つにすべて入賞した[1][2]唯一のピアニストである。国際コンクール歴は2005年まで続くが、そのほとんどはイタリアで行われる国際コンクールであった。国外の受賞歴にはロンドンのワールド・ピアノ・コンペティションやドルトムントのシューベルト国際コンクールが含まれる。12歳でルイジ・ファイトに認められピアニストとしてデビュー、国際コンクールの挑戦はまだ音楽院のディプロマがなかった16歳の時にまでさかのぼる。

2004年以降はほぼ毎年のように、国際審査員としてピアノコンクールに顔を出し続けている。1992年よりイモラに在住する。現在は"Jacopo Tomadini" 音楽院でピアノの教鞭をとっている。近年の活動としてAloise Vecchiatoの著書の編集作業があげられる。

レパートリー編集

基本的にはオールラウンダーであるが、ルカ・トラブッコとの4手連弾によるバッハレーガーブランデンブルク協奏曲全曲といった、普通のイタリア人には手が出ない難曲も稀にみられる。ホームページによる情報発信に熱心で、数度衣替えを行っているが、かつてはショパン練習曲mp3を全曲アップロードしていたことがある。

ディスコグラフィー編集

  • CD Aloise Vecchiato: opera completa per pianoforte (1992 - Salieri records)
  • CD Vecchiato - Prokofiev: Romeo e Giulietta, live dalla Sala Maffeiana di Verona (Stradivarius 1994)
  • CD Ravel (Clarius Audi 1995)
  • CD Il Pianista Virtuoso: Chopin - Liszt (Suonare Records 2000)
  • CD Clementi: 100 studi del Gradus ad Parnassum (Arts 2003)
  • CD Clementi: 23 studi del Gradus ad Parnassum (Suonare Records 2005)
  • CD Stephen Heller: l'integrale degli studi per pianoforte, vol. 1 (Piano recital 2013)

受賞歴編集

  • 1988 Vercelli (it) "Viotti" 2位
  • 2000 London (gb) "World Piano Competition" 3位
  • 2000 Terni (it) "Casagrande" 3位
  • 2001 Bolzano (it) "Busoni" 5位
  • 2002 Val Tidone (it) "Premio Bengalli" 入賞
  • 2003 Gorizia (it) "Giuliano Pecar" 3位
  • 2003 Cagliari (it) "Ennio Porrino" 1位
  • 2004 San Pietro in Vincoli (it) 1位
  • 2004 Minerbio (it) 1位
  • 2004 San Bartolomeo al Mare (it) "Rovere d'Oro" 1位
  • 2004 Roma (it) "Chopin" 1位
  • 2005 Verbania (it) "Paul Harris" 1位
  • 2005 Padova (it) "Premio Virtuosite" 1位
    • 1989年から1999年までの受賞歴の詳細は不明だが、この時期シューベルト国際コンクールに入賞したことは確かである。

審査員歴編集

  • Finale Ligure (it) "Palma d'Oro"に毎年招かれていることで有名。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ この3つはラスカが挑戦した時点で最後の旧制度に基づいたものであった。ブゾーニの現行制度は2002年から、カザグランデの現行制度は2014年から、ヴィオッティの現行制度は2007年からである。なお、ラスカはヴィオッティを2003年にも受けていたが、セミファイナルで切られ、ファイナルにはあと一歩及ばなかった。
  2. ^ 外部リンク

外部リンク編集