メインメニューを開く

名称編集

チェレージオ(Ceresio)湖とも呼ばれる。ラテン語のCeresiumがイタリア語化したものだが、語源学的に不確かではあるが、ラテン語のcerasa、つまりサクランボから来たと言う説と、ローマ時代以前からの固有の地名だという説がある。

地理編集

位置・広がり編集

 
ルガーノ湖と周辺自治体

湖は複雑な形をしているが、その所属は形以上に複雑である。おおまかに、北東部と南西部がイタリア領、中央がスイス領である。

沿岸編集

北東部沿岸のイタリア領はコモ県所属で、ポルレッツァなどの町がある。中央部はスイス・ティチーノ州に属し、西岸には湖畔最大の都市ルガーノがある。ルガーノの対岸にはイタリア領の飛び地、カンピョーネ・ディターリア(コモ県)がある。南西部のイタリア領はヴァレーゼ県所属となっており、ポルト・チェレージオなどの町がある。

水系編集

流入する大きな川はなく、トレーザ川が南湖畔からマッジョーレ湖へ流出している。このため、ティチーノ川ポー川の主要支流のひとつ)の流域に属している。

関連項目編集

外部リンク編集