ルキウス・フリウス・カミッルス (紀元前338年の執政官)

Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・フリウス・カミッルス
L. Furius Sp.f. M.n. Camillus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 フリウス氏族
官職 執政官(紀元前338年、紀元前325年)
テンプレートを表示

経歴編集

ローマ第二の創建者と謳われるマルクス・フリウス・カミッルスの孫にあたる。紀元前338年ガイウス・マエニウスと共に執政官に就任[1]

両執政官はラティウム中央部のペドゥム(現在のガッリカーノ・ネル・ラーツィオ、ローマから25 km)の包囲戦を再開した。ティブル(現在のティヴォリ)とプラエネステ(現在のパレストリーナ)がこれを支援したが、ローマ軍はこれら都市の連合軍に勝利した。両執政官は、反乱したラティウムの都市を全て攻略し、ラティウム同盟は完全に敗北、ラティウム戦争は終結した。この勝利に対して、両執政官共に凱旋式を実施する栄誉を得ている[1][2]

ルキウス・フリウスは紀元前325年にも再び執政官に就任、同僚執政官はデキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァであった[3]。ウェスティニ(en)に対する作戦はデキムスが担当し、ルキウスは対サムニウム戦を担当することとなった。しかしながら、このとき重病を患い、実際には軍を指揮することはできなかった。軍の指揮は独裁官(ディクタトル)ルキウス・パピリウス・クルソルに委ねられた[3]

参考資料編集

関連項目編集

公職
先代:
ティベリウス・アエミリウス・マメルキヌス
クィントゥス・プブリリウス・ピロ
執政官
同僚:ガイウス・マエニウス
紀元前338年
次代:
ガイウス・スルピキウス・ロングス II
プブリウス・アエリウス・パエトゥス
先代:
ガイウス・ポエテリウス・リボ・ウィソルス
ルキウス・パピリウス・クルソル
執政官
同僚:デキムス・ユニウス・ブルトゥス・スカエウァ
紀元前325年
次代:
独裁官ルキウス・パピリウス・クルソル