ルクヌッディーン・フィールーズ・シャー

ルクヌッディーン・フィールーズ・シャー(Rukn ud din Firuz Shah, 1205年以前 - 1236年11月9日)は、北インドデリー・スルターン朝奴隷王朝の第4代君主(在位:1236年)。父は第3代のシャムスッディーン・イルトゥトゥミシュ

ルクヌッディーン・フィールーズ・シャー
奴隷王朝第4代君主
Rukn al-Din Firoz (3).jpg
ルクヌッディーン・フィールーズ・シャーのコイン
在位 1236年4月30日 - 11月9日

出生 1205年以前
死去 1236年11月9日
子女 アラー・ウッディーン・マスウード・シャー
王朝 奴隷王朝
父親 シャムスッディーン・イルトゥトゥミシュ
母親 シャー・トゥルカーン
テンプレートを表示

生涯編集

1229年、父王イルトゥトゥミシュは自身の息子らに王としての見込みがないと考え、娘ながら見込みのあったラズィーヤを後継者に指名し、1236年4月29日に死去した[1]

ところが、イルトゥトゥミシュの死に際して、貴族らはラズィーヤがデリーにいなかったことで、その臨終に居合わせた兄のルクヌッディーン・フィールーズ・シャーを擁立し、翌30日に即位させた。これに関しては、フィールーズ・シャーがラホール、バダーウーン(Badain)といった重要な地のイクターを与えられ、人々に注目されていたからだとされる[2]

だが、フィールーズ・シャーは王座を得るとすぐに快楽にふけるようになり、その生母であるシャー・トゥルカーンが後宮(ハーレム)のかつて対立者らを殺害するなど、専横ともいえる政治干渉から貴族らの反感を買うようになった[3][4]

まもなく、ラホール、バダーウーン、ムルターンハーンシー英語版など北インド各地が反旗を翻し、シャー・トゥルカーンがこの過程で有能な弟クトゥブッディーン・ムハンマドも盲目にして殺害したことで、戦乱となった[3][4]

フィールーズ・シャーはデリーから出陣したが、妹ラズィーヤもシャー・トゥルカーンから殺害されることを恐れて反旗を翻し、シャー・トゥルカーンは捕えられた[5]。彼はデリーの秩序を回復するためにデリーへと引き返したが、彼の側に付いていたトルコ系貴族らもラズィーヤに加担するようになり、彼も捕えられた[5]

同年11月9日、フィールーズ・シャーはラズィーヤの命により、処刑された[5]

脚注編集

  1. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.114
  2. ^ 荒『インドの「奴隷王朝」 中世イスラム王権の成立』、p.53
  3. ^ a b 荒『インドの「奴隷王朝」:中世イスラム王権の成立』、pp.53-54
  4. ^ a b ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、pp.114-115
  5. ^ a b c ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.115

参考文献編集

  • 荒松雄 『インドの「奴隷王朝」:中世イスラム王権の成立』未来社、2006年。 
  • フランシス・ロビンソン 著、月森左知 訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』創元社、2009年。 

関連項目編集