ルシンダ・ルー(Lucinda Ruh、1979年7月13日 - )は、スイス出身で、女子シングルのフィギュアスケート選手。

ルシンダ・ルー
Lucinda RUH
Figure skating pictogram.svg
選手情報
生年月日 (1979-07-13) 1979年7月13日(41歳)
代表国 スイスの旗 スイス
元コーチ オリヴァー・ヘーナー
佐藤信夫
元振付師 ロビン・カズンズ
アレクサンドル・ズーリン
トーラー・クランストン
リー=アン・ミラー
サラ・カワハラ
クリストファー・ディーン
引退 2000年
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

4歳から17歳まで東京で育ち、全日本フィギュアスケートジュニア選手権の上位入賞経験もある。プロではペアスケーター。「スピンの女王」と称されている。反り返るイナバウアーが得意技。スピンのスペシャリストとして、ブライアン・ジュベール浅田真央らトップスケーターをスピン専門で指導していることでも知られる[1]

スピン回数のギネスブックに挑戦し、115回という記録を持つ。日本テレビで放送された『ワールド☆レコーズ』という番組で『フィギュアスケート高速スピンでトイレットペーパー巻き世界一決定戦!』で81m45cmという記録を持つ[2]。好物は納豆、おでん、あんぱん[3]

主な戦績編集

シニア編集

脚注編集

外部リンク編集