ルセイファ(アラビア語: الرصيفة‎)はヨルダンザルカ県の都市。2010年の人口は約28万人で、ヨルダン第4の都市である。

ルセイファ

مدينة الرصيفة
ルセイファ市の風景
ルセイファ市の風景
ルセイファの位置(ヨルダン内)
ルセイファ
ルセイファ
ルセイファの位置
北緯32度1分4秒 東経36度2分47秒 / 北緯32.01778度 東経36.04639度 / 32.01778; 36.04639座標: 北緯32度1分4秒 東経36度2分47秒 / 北緯32.01778度 東経36.04639度 / 32.01778; 36.04639
ヨルダンの旗 ヨルダン
ザルカ県
設立 1957年
政府
 • 種別 自治体
 • 市長 Osama Haimour
面積
 • 市 15 mi2 (38 km2)
標高
2,300 ft (700 m)
人口
(2010年)
 • 市 280,000人
 • 都市圏
500,000人
 • 都市圏密度 40,000人/mi2 (15,000人/km2)
  [1]
等時帯 UTC+3
市外局番 +(962)5
ウェブサイト http://www.russifah.gov.jo/

地理編集

ルセイファはヨルダン中央部のザルカ川盆地に位置し、アンマンザルカ高速道路沿いに有る。アンマン・ザルカ・ルセイファは1つの都市圏を形成する。これはレバントではダマスカス都市圏に次いで大きい。

経済編集

1935年、Amin Kamel Kawarがルセイファにリン酸塩工場を設置した。[2] アンマンやザルカへの近接性やザルカ川の存在によって、重工業が盛んである。1943年アランボウルギアニアがアンマン〜ダマスカス鉄道の近くで発掘された。

脚注編集

  1. ^ Russeifa City website
  2. ^ Amin K. Kawar”. kawar.com. 2016年5月20日閲覧。