ルドルフ・フォン・ラバン

ルドルフ・フォン・ラバン(ハンガリー語: Rezső Lábán de Váraljas, Rezső Keresztelő Szent János Attila Lábán, Lábán Rezső, Lábán Rudolf; 1879年12月15日1958年7月1日)はオーストリア・ハンガリー帝国出身のダンスアーティスト、ダンス理論英語版家。 彼はドイツにおける「表現主義ダンスの創始者」としてヨーロッパモダンダンスのパイオニアの一人とみなされている[1]ラバン身体表現理論英語版の構築[2]ラバン式舞踊譜英語版(ラバノーテーション)の考案[3]などダンス理論において多く業績を上げている。

Lábán Rudolf
ルドルフ・フォン・ラバン
ファイル:Rudolf von Laban.jpg
生誕1879年12月15日
オーストリア・ハンガリー帝国ハンガリー王国ポジョニ(現・スロバキアブラチスラヴァ)
死没1958年7月1日(1958-07-01)(78歳)
イギリスイングランドウェーブリッジ英語版
著名な実績振付師ダンス理論英語版
運動・動向表現主義ダンス英語版

脚注編集

  1. ^ Dörr, Evelyn, (2008). "Rudolf Laban: The Dancer of the Crystal", Lanham, Maryland: Scarecrow Press, page 99-101.
  2. ^ 中田亨 (2020年9月12日). “ラバン身体動作表現理論”. researchmap.jp. 2021年10月9日閲覧。
  3. ^ 岡田もえ子 (2014-03-15). “身体表現のスタイル―ラバンの動きの分析と文体論の融合の可能性の示唆―”. 専修人文論集 94: 149-184. 

外部リンク編集