ルパート・バニー

ルパート・バニー(Rupert Charles Wulsten Bunny、1864年9月29日 - 1947年5月25日)はオーストラリアの画家である。

ルパート・バニー
Rupert Bunny
Rupert Bunny, 1920 - self-portrait.jpg
自画像
生誕1864年9月29日
オーストラリア,St Kilda, Victoria
死没1947年5月25日
オーストラリア,メルボルン
運動・動向新古典主義印象派

略歴編集

オーストラリア、ビクトリア州のセント・キルダで、判事の息子に生まれた。ビクトリア国立美術館の絵画教室で学んだ後、1884年にヨーロッパに渡り、ロンドンのセント・ジョーンズ美術学校に入学した。1年半後パリに移り、ジャン=ポール・ローランスのアトリエで学んだ。1890年にサロン・ド・パリに神話を題材にした作品を出展し、入選(honourable mention)した。1900年のパリ万国博覧会の展覧会では銅メダルを受賞した。リュクサンブール美術館の展示用に13点の作品がフランス政府によって買い上げられた。1893年からは、多くの芸術家が集まったパ=ド=カレー県の港町、エタプルをしばしば訪れた。1902年に結婚し、1911年からフランスとオーストラリアの間を定期的に行き来し、両方の国の展覧会に出展した。 1933年に妻の亡くなった後、オーストラリアに戻りサウスヤラで暮らした[1]

神話に題材を得た作品を多く描いた。初期の作品は「ラファエロ前派」の影響を受けた「新古典主義」のスタイルの作品であったが、後に「印象派」の影響も見られるようになった。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Shore, Arnold (1957年12月7日). “Shy Rupert Bunny: Genius whose art spoke for him”. The Age. 2018年10月28日閲覧。

参考文献編集

  • D. Thomas: Rupert Bunny, 1864-1947. Melbourne, 1970.