ルフトハンザ・シティーライン5634便着陸失敗事故

ルフトハンザ・シティーライン5634便着陸失敗事故は、1993年1月6日に発生した航空事故。ブレーメン空港パリ=シャルル・ド・ゴール空港行だったルフトハンザ・シティーライン5634便(デ・ハビランド・カナダ DHC-8-311)が、パリ=シャルル・ド・ゴール空港への着陸進入中に、滑走路手前に墜落し、乗員乗客23人中4人が死亡した[1]

ルフトハンザ・シティーライン 5634便
De Havilland Canada DHC-8-311 Dash 8, Lufthansa CityLine (Contact Air Interregional) AN0193922.jpg
1992年5月にシュトゥットガルト空港で撮影された事故機
事故の概要
日付 1993年1月6日
概要 パイロット・エラー
現場 フランスの旗 フランス パリ=シャルル・ド・ゴール空港
乗客数 19
乗員数 4
負傷者数 19
死者数 4
生存者数 19
機種 デ・ハビランド・カナダ DHC-8-311
運用者 ドイツの旗 コンタクト・エア英語版ルフトハンザ・シティーライン便として運航)
機体記号 D-BEAT
出発地 ドイツの旗 ブレーメン空港
目的地 フランスの旗 パリ=シャルル・ド・ゴール空港
テンプレートを表示

飛行の詳細編集

事故機編集

事故機のデ・ハビランド・カナダ DHC-8-311は、1990年に製造番号210として製造され、同年に初飛行を行った。総飛行時間は5,973時間で、2基のプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW123を搭載していた[2][3]

乗員編集

機長は54歳の男性だった。総飛行時間は11,924時間で、DHC-8では2,003時間の経験があった。副操縦士は25歳の男性だった。総飛行時間は500時間で、DHC-8では293時間の経験があった[1]:6-7[3]

事故の経緯編集

5634便は、17時55分にブレーメン空港を離陸した。目的地のパリ=シャルル・ド・ゴール空港へ接近し、管制官から滑走路27への進入許可を得た。ところが、先に着陸した大韓航空ボーイング747が第1エンジンを滑走路に接触させたため、滑走路の検査が行われることになり、滑走路27は閉鎖された。管制官は、5634便へ滑走路28に着陸するよう指示を出し、左旋回するよう指示した。5934便は、雲の中を飛行していたため、滑走路を視認できなかった。さらに、降下率が高すぎたため、滑走路から1,800mの地表に墜落し、大破した。墜落により、乗員乗客23人中乗客4人が死亡した[2]

事故調査編集

調査により、墜落の80秒前に副操縦士が自動操縦を解除し、70秒前にはスラストレバーをアイドルにしていたことが分かった。また、警報装置が「Sink Late」や「Pull Up」、「Terrain」などと警告を発していたことも明らかになった。報告書では、天候が悪く滑走路が視認できなかったにも関わらず進入を継続したことと、対気速度が低下し、降下率が高すぎることに気づかなかったことが原因だとした[1]:22

事故後編集

事故後、ルフトハンザの標準的な訓練や基準を満たしていない外部企業へ運航を委託していたことなどから、ルフトハンザ・シティーラインのコンセプトが批判された[4]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c http://www.bea.aero/docspa/1993/d-at930106p/pdf/d-at930106p.pdf フランス航空事故調査局による航空事故報告書 (PDF)
  2. ^ a b Accident description Lufthansa Cityline Flight 5634”. Aviation Safety Network. 2018年8月27日閲覧。
  3. ^ a b CRASH OF A DE HAVILLAND DASH-8-300 IN PARIS, FRANCE: 4 KILLED”. Bureau of Aircraft Accidents Archives. 2020年9月9日閲覧。
  4. ^ Anflug verpatzt. (1993). p. 261. 13682266. "Nach ihrer „CityLine“-Bruchlandung bei Paris steht die Lufthansa unter Druck: Wie sicher sind Airlines, die unter Lufthansa-Logo Kurzstrecken bedienen?"