ルポ2世 (ガスコーニュ公)

ルポ2世[1] (フランス語: Loup II de Vasconie  英語: Lupo II of Gascony 778年没) は、歴史上知られている3人目のヴァスコニア(ガスコーニュ)公(dux Vasconum or princeps[2])。769年の記録から登場する。ルポ2世の出自、系統については学術的な議論が続いている[3]

生涯編集

769年、フランク王国カール1世カールマンに対する最後のアクィタニア反乱が鎮圧され、アクィタニア公ウナール1世ヴァスコニアに逃れてきた。ウナール1世の同盟者だったルポ2世は、彼にヴァスコニア軍を貸し与えた[4]。しかしルポ自身はカール大帝の支配を覆そうとは考えておらず、自らは領地にとどまりカール大帝の宗主権を認めていた[5]

ルポ2世はバスク人であったとされるが、フランク人ガロ・ローマ人(アクィタニア人)だったとする説もある。ルポ ("狼", バスク語otsoa)という名は、中世初期のバスク地方では一般的な男性名だった。彼はピピン3世によって任命された統治者だったが[6]、任地で住民によってに選出されたとみられる。彼の勢力圏がどこまで及んでいたかは不明である。769年以降アクィタニア全土を支配したといわれているが、これは信憑性が低い。彼の時代のヴァスコニア公国の国境はアジャンにあったことから、実際の国境線はガロンヌ川であると考えられている[7]ボルドーはルポ2世の領土ではなく、カロリング宮廷が任命したが支配していた[8]。南方のピレネー山脈がルポ2世の支配下にあったかどうかも定かでないが、カロリング朝の著述家アインハルトロンスヴォーの戦いにおけるこの地域のバスク人の「裏切り」に言及していることから、元からピレネー山脈のバスク人はルポ2世のもとでフランク王国の宗主権下にあったと考えられる[9]。一部の歴史家は、この戦いでのローラン急襲にルポ2世が関与していたと考えている[10]

ルポ2世はおそらく778年に死去した[11]

系譜編集

彼と彼以前・以後のアクィタニア公やヴァスコニア公との関係は不明である。父称を利用して彼の子孫を推定する説が正しければ、系譜を容易にたどることができる[12]。これによれば、ルポ2世の息子にサンシュスガンサンチュール、ガルサンドという4人がいる。この4兄弟はガスコーニュを共同統治したとされるが、ガルサンドは819年にトゥールーズ伯ベランジェとの戦闘で戦死したため、ガスコーニュ公の中に入れないこともある[13]。またルポ2世は、初代トゥールーズ伯トルソーの時代に活躍したガスコーニュのアダルリックの父にも比定されている。

脚注編集

  1. ^ His name has many variants in other languages: Basque: Otsoa, French: Loup, Gascony: Lop, Latin: Lupus, Spanish: Lobo or Lope. It is the basis of the patronymic López. It may have been a Latinisation of the Basque word for "wolf", otso. However, it is an acceptable Latin or Frankish name in its own right (see Lupus).
  2. ^ "Astronomus", Vita Hludovici.
  3. ^ Lupo is frequently said to be related to dukes Odo the Great and Hunald I of Aquitaine. However, this is based on the spurious Charte d'Alaon. This discredits much of Monlezun's research.
  4. ^ Lewis, p 26.
  5. ^ Einhard.
  6. ^ Collins, p 110.
  7. ^ Lewis, p 28.
  8. ^ Lewis, p 38.
  9. ^ Collins, p 121, disagrees. As does Lacarra, pp 14 – 20, who separates Aquitaine, Gascony, the Narbonensis, and the Spanish Basque Country.
  10. ^ Lewis, p 38.
  11. ^ Collins, p 128. Estornés. FMG gives 775.
  12. ^ Collins, p 130.
  13. ^ Collins, p 129.

参考文献編集

  • Collins, Roger. The Basques. Blackwell Publishing: London, 1990.
  • Einhard. Vita Karoli Magni. Translated by Samuel Epes Turner. New York: Harper and Brothers, 1880.
  • Lewis, Archibald R. The Development of Southern French and Catalan Society, 718–1050. University of Texas Press: Austin, 1965.
  • Lacarra, J. Vasconia medieval: Historia y Filología.
  • Wallace-Hadrill, J. M., translator. The Fourth Book of the Chronicle of Fredegar with its Continuations. Greenwood Press: Connecticut, 1960.
  • Estornés Lasa, Bernardo. Auñamendi Encyclopedia: Ducado de Vasconia.
  • Cawley, Charles, Medieval Lands Project: Gascony., Medieval Lands database (英語), Foundation for Medieval Genealogy, [自主公表][より良い情報源が必要]
  • Annales Laurissense, in Mon. Gen. Hist. Scriptores, I, 148.
  • "Astronomus", Vita Hludovici imperatoris, ed. G. Pertz, ch. 2, in Mon. Gen. Hist. Scriptores, II, 608.
  • Sedycias, João. História da Língua Espanhola.
  • Monlezun, Jean Justin. Histoire de la Gascogne. 1864.