ルーツロックレゲエ

ルーツロックレゲエ(ルーツ・レゲエ、あるいは単にルーツとも呼ぶ)という言葉は、ジャマイカスカロックステディから発展したレゲエの1ジャンルである。ボブ・マーリーによってその用語が世界的に有名になった。

概要編集

ルーツロックレゲエの歌詞には、エチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世を崇拝する宗教運動、ラスタファリアニズムの影響が現れている。政府当局や西洋社会からの圧迫への抵抗と、宗教的な忠誠が主要な歌詞のテーマになっており、「ジャー」という言葉は出現の頻度が高い。ジュニア・マーヴィンの「ポリス&シーブズ」[1]、カルチャーの「トゥー・セブンス・クラッシュ」などはルーツ・レゲエの有名曲である。

ルーツロックレゲエは1970年代に隆盛を極め、ボブ・マーリー&ウェイラーズ、トゥーツ&メイタルズ[2]、デニス・ブラウン[3]バーニング・スピアホレス・アンディ、グレゴリー・アイザックス、シュガー・マイノット[4]、フレディ・マクレガーらの歌手、グループの他、リー・ペリージョー・ギブスバニー・リーキング・タビーコクソン・ドッドらプロデューサー、エンジニア達が多くの楽曲を残した。同時に、彼らの実験精神と、ジャマイカでの録音技術の向上により、ダブの作品も生まれた。

とりわけ、ルーツ・レゲエ全盛の1970年代の量産体制の中では、スタジオミュージシャンのアイデアと演奏法は斬新だった。レヴォリューショナリーズ(スライ&ロビー)、ロッカーズアップセッターズ、ルーツ・ラディクスらが、次々と新しいリディムを作っていった。

80年代中盤以降はドラムマシンシンセサイザーを使った打ち込みによるダンスホール・レゲエが次第に流行し始め、歌詞の内容もセックス、暴力といったテーマが増え、「ルーツレゲエは次第に下火に」なる。しかしルーツレゲエは、21世紀に入ってからもジャマイカをはじめ、ブラジル、アメリカ(特に東海岸)、イギリスなどで、一部の人々によって親しまれ演奏され続けている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Jamaican reggae singer Junior Murvin dies, aged 67”. 2020年8月7日閲覧。
  2. ^ トゥーツはソウル・アルバム「トゥーツ・イン・メンフィス」を発表した
  3. ^ 「マネー・イン・マイ・ポケット」が79年にイギリスで大ヒットした
  4. ^ 82年に「グッド・シング・ゴーイン」がヒット

関連項目編集

外部リンク編集