ルートヴィヒ・フォン・ホフマン

ルートヴィヒ・フォン・ホフマン(Ludwig von Hofmann 、1861年8月17日 - 1945年8月23日)はドイツの画家である。「象徴主義」の画家の一人に位置づけられる。

ルートヴィヒ・フォン・ホフマン
Ludwig von Hofmann
Ludwig von Hofmann.jpg
生誕1861年8月17日
ヘッセン大公国の旗 ヘッセン大公国ダルムシュタット
死没1945年8月23日
Merchant flag of Germany (1946–1949).svg 連合国軍占領下のドイツドレスデン
運動・動向象徴主義

略歴編集

ダルムシュタットで生まれた。父親のカール・ホフマンは1872年から1876年までヘッセン大公国の首相を務め、1882年にドイツ帝国のビスマルク内閣の商務大臣となり貴族に叙せられた人物である。叔父に宗教的なテーマを得意とした画家のハインリヒ・フェルディナント・ホフマンがいる。

ルートヴィヒ・ホフマンは1883年からドレスデンの美術学校で学んだ後、カールスルーエの美術学校でフェルディナント・ケラーに学んだ。1889年にパリに移り、アカデミー・ジュリアンで学び、 ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌアルベール・ベナールから影響を受けた。

1890年からベルリンで活動し「ベルリン分離派」のもとになる、マックス・クリンガーマックス・リーバーマンを中心とした美術家グループ、「11人協会(Vereinigung der XI)」のメンバーであった。

1894年から1900年の間、多くの旅をし、ローマやトスカーナのフィエーゾレ近くの別荘で過ごし、イタリアの古典的な作品は彼の作品に影響を与えたと思われる。 1895年からアールヌーボーに影響を与えた雑誌「Pan」に多数のイラストを寄稿し、1896年のベルリンの国際美術展で入選した。 1898年に設立された「ベルリン分離派」のメンバーになった。

1899年に結婚した。1903年に彼はヴァイマルの美術学校の教授に任命された。ヴァイマルでは、文学者のハリー・ケスラー伯爵の芸術家サロンに加わった。ヴァイマルの美術学校でのヘルマンの生徒にはジャン・アルプやノーベル文学賞の受賞作家、ゲアハルト・ハウプトマンの息子イーヴォ・ハウプトマンがいて、ゲアハルト・ハウプトマンとも友人になった。

1916年にドレスデンの美術学校の教授になった。1930年代になって、ナチスによってその作品のいくつかは「退廃芸術」として非難された。

作品編集

参考文献編集

  • Ludwig von Hofmann. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 17: Heubel–Hubard. E. A. Seemann, Leipzig 1924, S. 272.
  • Ludwig von Hofmann. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 74, de Gruyter, Berlin 2012, ISBN 978-3-11-023179-3, S. 144ff..
  • Oskar Fischel: Ludwig von Hofmann. (= Künstler-Monographien, Bd. LXIII). Velhagen & Klasing, Bielefeld und Leipzig 1903
  • Ludwig von Hofmann. Erstmaliger Überblick über das Schaffen des Künstlers 1891–1916. Verzeichnis über die Ausstellung in der Galerie Ernst Arnold, 10. Januar bis Mitte Februar 1917, Galerie Ernst Arnold, Dresden 1917
  • Gertraude Lippold: Hofmann, Ludwig von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 9, Duncker & Humblot, Berlin 1972, ISBN 3-428-00190-7, S. 458 f. (Digitalisat).
  • Herta Hesse-Frielinghaus (Hrsg.): Gerhart Hauptmann – Ludwig von Hofmann. Briefwechsel 1894–1944. Bouvier, Bonn 1983, ISBN 3-416-01714-5
  • Verena Senti-Schmidlin: Der Tanz als Bildmotiv. Ludwig von Hofmann 1861–1945. Lang, Bern u. a. 1999, ISBN 3-906761-86-X
  • Contessa Roberts: Auf der Suche „nach dem entschwebten Land der Griechen“. Der Maler und Graphiker Ludwig von Hofmann (1861–1945). Ein Überblick über sein Œuvre mit besonderem Schwerpunkt auf Zeichnungen und Druckgraphik. Dissertation, Universität Freiburg 2001 (Volltext)
  • Verena Senti-Schmidlin: Rhythmus und Tanz in der Malerei. Zur Bewegungsästhetik im Werk von Ferdinand Hodler und Ludwig von Hofmann. (= Studien zur Kunstgeschichte; Bd. 170). Olms, Hildesheim 2007, ISBN 978-3-487-13405-5 (zugl. Dissertation, Universität Fribourg 2006)
  • Annette Wagner, Klaus Wolbert (Hrsg.): Ludwig von Hofmann (1861–1945). Arkadische Utopien in der Moderne. Stadt Darmstadt, Darmstadt 2005, ISBN 3-935062-05-2
  • Rolf Günther: Der Symbolismus in Sachsen 1870–1920. Sandstein Verlag, Dresden 2005, ISBN 3-937602-36-4
  • Claus Bernet: Ludwig von Hofmanns „Träumerei“. Eine Berliner Bildgeschichte. Kadmos, Berlin 2011, ISBN 3-86599-142-4
  • Städtische Sammlungen Freital, Schloss Burgk (Hrsg.): Ludwig von Hofmann: Sehnsucht nach dem Paradies Sandstein Verlag, Dresden 2011, ISBN 978-3-942422-54-3

外部リンク編集