メインメニューを開く

レイモンド・チョウChow Man Wai, Raymond、鄒文懐、簡体字: 邹文怀拼音: Zōu Wénhuái1927年10月8日 - 2018年11月2日[1])は、イギリス香港出身(本籍は広東省潮州)の映画プロデューサーゴールデン・ハーベストの設立に関わり、長く会長を務め、「香港映画の父」と呼ばれた[1]

レイモンド・チョウ
プロフィール
出生: 1927年10月8日[1]
死去: 2018年11月2日[1]
出身地: 香港の旗イギリス香港
職業: 映画プロデューサー
各種表記
繁体字 鄒文懷
簡体字 邹文怀
拼音 Zōu Wénhuái
発音転記: ゾウ ウェンフゥァイ
英語名 Raymond Chow
テンプレートを表示

プロフィール編集

ショウ・ブラザーズ編集

1949年に、中華民国上海市聖ヨハネ大学(現在は跡地に華東政法大学が建つ)卒業後、香港に戻る。英字新聞社「香港スタンダード」の記者を10年間務めた後、1950年にショウ・ブラザーズに転職。宣伝主任、宣伝部長、製作本部長を歴任し、1970年に同社を退社し独立[1]

ゴールデン・ハーベスト編集

ゴールデン・ハーベストを設立し、ブルース・リージャッキー・チェンと契約して世界各国で大ヒット作を連発し、同社を香港最大の映画会社に発展させる。

1982年の「キャノンボール」で、ハリウッド進出にも成功している。

1998年に、香港特別行政区政府より文化人への栄誉を称える「金紫荊星章」を受章した。

2007年、ゴールデン・ハーベストを中華人民共和国本土の伍克波が所有する橙天娯楽集団中国語版(オレンジスカイ・エンターテインメントグループ)に売却した[2]

2008年の第27回香港電影金像奨においては終身成就獎を贈られた。

逝去編集

2018年11月2日に逝去していたことが翌3日に香港メディアによって明らかにされた。ただし死因は不明となっている[1]

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集