レウキッポス (ギリシア神話)

ギリシア神話の人物

レウキッポス古希: Λεύκιππος, Leucippus)は、ギリシア神話の登場人物。最も有名なのはディオスクーロイに二人の娘を拐かされた父親のレウキッポスである。この項では、それについて記述する。

ピーテル・パウル・ルーベンスの絵画『レウキッポスの娘たちの略奪』。

彼はペリエーレースゴルゴポネーの間にできた息子で、ポイベー、ヒーラエイラ、アルシノエーという名の二人の娘を産んだ。ポイベーとヒーラエイラは上述のようにディオスクーロイのポリュデウケースカストールとが拐い、それぞれにムネーシレーオスとアノーゴーンという名の子供ができた。アルシノエーはアポローンとの間に医術の神アスクレーピオスを生んだといわれる。

兄弟のアパレウスの息子たち、すなわちレウキッポスの甥であるイーダースリュンケウスはディオスクーロイのライバルでもあったので、その報復として戦いを挑み、後にカストールを殺した。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
アトラース
 
 
 
 
 
レレクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ターユゲテー
 
ゼウス
 
エウロータス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
 
 
 
ラケダイモーン
 
 
 
スパルタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデー
 
 
 
アミュクラース
 
 
 
 
 
エウリュディケー
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュアキントス
 
キュノルタス
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バテイア
 
 
 
オイバロス
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポコオーン
 
テュンダレオース
 
 
 
レーダー
 
 
 
ゼウス
 
イーカリオス
 
 
 
アパレウス
 
 
 
 
 
レウキッポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カストール
 
クリュタ
イムネー
ストラー
 
ティーマンドラー
 
ポリュデウケース
 
ヘレネー
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
ヒーエラエイラ
 
ポイベー
 
アルシノエー
 
 


参考文献編集