レオナールト・ブラーメル

レオナールト・ブラーメル(Leonaert Bramer、1596年12月24日 - 1674年2月10日)はオランダの画家である。風俗画や宗教、神話を題材にした絵画を描いた。夜の場面を描くことが得意で、イタリアでは「Leonardo della Notte(夜のレオナルド)」と呼ばれた。

レオナールト・ブラーメル
Leonaert Bramer
Antony van der Does - Portrait of Leonard Bramer.jpg
ブラーメルの自画像をもとに製作された版画
生誕1596年12月24日
オランダ,デルフト
死没1674年2月10日
オランダ,デルフト

略歴編集

デルフトで生まれた。18歳になった1614年からデルフトを出て、フランスのアラスアミアンパリマルセイユジェノアなどに滞在しながら1616年のローマに移った。ローマで活動するオランダやフランドル出身の画家達のグループ、「Bentvueghels」を形成した最初の一人で、オランダのゴーダ出身の画家、バウター・クラベト(Wouter Crabeth II :1594-1622)と一緒に暮らし、レーワルデン出身の画家ウィブランド・デ・ヘースト(Wybrand de Geest:1592–c.1661)と親しい友人であった。1627年までローマを主な活動場所とし、マントヴァヴェネツィアも訪れ、イタリアの画家ドメニコ・フェッティと活動した。イタリアでは夜の場面を描くことが得意なために「Leonardo della Notte(夜のレオナルド)」と仇名された。

1628年にローマを去って、1629年にデルフトに戻った。デルフトの画家組合に入会し、1629年に民兵組織(Schutterij)に加わった。 デルフトではオラニエ公フレデリック・ヘンドリックを含むオラニエ家の人々や、デルフトの名士から絵の注文を受けた。タペストリーのデザインもし、知事公邸などの壁画も描いた[1]

1648年から再びローマで働いた。

有名な画家、ヨハネス・フェルメールとの結婚に反対する結婚相手の家族を説得し、結婚立会人を務めたことなどから、フェルメールがブラーメルの弟子であったとされることもある。

ブラーメルはデルフトで死去した。

作品編集

脚注編集

参考文献編集

  • Oskar Eisenmann: Bramer, Leonhard. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 3, Duncker & Humblot, Leipzig 1876, S. 234.
  • Katalog zur Ausstellung "Bettler, Diebe, Unterwelt - Leonaert Bramer (1596–1674) illustriert spanische Romane, mit den Illustrationen und Romantexten sowie Aufsätzen von Achim Riether und Hans Paschen. Deutscher Kunstverlag, 288 Seiten, 197 meist farbige Abbildungen, ISBN 978-3-422-07221-3, 2013.[3]
  • Leonaert Bramer und Jane ten Brink Goldsmith: Leonaert Bramer: 1596–1674; ingenious painter and draughtsman in Rome and Delft; [monografie bij de tentoonstelling gehouden te Delft, van 9 september – 13 november 1994]. Waanders, Zwolle 1994, ISBN 90-400-9704-6
  • Walter Liedtke: Dutch paintings in The Metropolitan Museum of Art. Metropolitan Museum of Art, New York 2007, ISBN 978-1-58839-273-2, S. 87–89.
  • Walter A. Liedtke, Michiel Plomp, Axel Rüger, Metropolitan Museum of Art (New York, N.Y.) und National Gallery (Great Britain): Vermeer and the Delft school. Metropolitan Museum of Art, New York 2001, ISBN 0-87099-973-7
  • Rijksmuseum (Amsterdam): Dutch paintings of the seventeenth century in the Rijksmuseum Amsterdam: Vol. 1. (Dutch paintings of the seventeenth century in the Rijksmuseum Amsterdam.) Rijksmuseum, Amsterdam 2007, ISBN 978-90-8689-027-9
  • Johannes Vermeer, Frederik J. Duparc, Arthur K. Wheelock, Mauritshuis (Hague, Netherlands) und National Gallery of Art (U.S.): Johannes Vermeer. National Gallery of Art, Washington 1995, ISBN 0-300-06558-2
  • Susanne Wagini: Die Geschichte Roms : Leonaert Bramers Illustrationen zu Livius' "Ab urbe condita". Berlin : Dt. Kunstverlag, 2013 ISBN 9783422072220