メインメニューを開く
レックスマークのプリンター (X5100シリーズ)

レックスマーク インターナショナル株式会社Lexmark International, Inc.)は、世界最大のプリンター専業メーカー。本社は米国ケンタッキー州レキシントンにある。

概要編集

1991年に米国IBM社のプリンター部門を分社化する形で設立。1995年ニューヨーク証券取引所株式公開をした。

全世界150ヶ国以上でSOHO・家庭向けのプリンターおよび複合機を販売しており、特に低価格のインクジェットプリンターを主力商品とする。世界市場におけるシェアは、2003年には19%に達した。また、2003年にデルがプリンターの販売を開始した際にはOEM供給元となった。

2012年8月28日、インクジェットプリンター製造事業からの撤退を発表[1]2013年4月2日、製造を受託していた船井電機が関連技術と資産の取得を発表した[2]

2015年12月期決算で4040万米ドルの純損失に陥り、2016年12月に中国の艾派克科技股份有限公司(エイペックス・テクノロジー)などの投資グループに

約36億米ドル(約3930億円)で身売りした。

脚注編集

外部リンク編集