メインメニューを開く

レディ・ガイ

2016年制作のアメリカ映画

レディ・ガイ』(原題: The Assignment)は、2016年制作のアメリカ合衆国アクション映画

レディ・ガイ
The Assignment
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ウォルター・ヒル
デニス・ハミル
原案 デニス・ハミル
ウォルター・ヒル
製作 サイド・ベン・サイド
ミヒェル・メルクト
出演者 ミシェル・ロドリゲス
トニー・シャルーブ
アンソニー・ラパーリア
ケイトリン・ジェラード
シガニー・ウィーバー
音楽 ラネイ・ショックニー
撮影 ジェームズ・リストン
編集 フィル・ノルデン
配給 アメリカ合衆国の旗 サバン・キャピタル・グループ
日本の旗 ギャガ・プラス
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年4月7日[1][2]
日本の旗 2018年1月6日[3]
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[4]
テンプレートを表示

性転換手術で男から女にさせられた殺し屋の戦いを描いた異色のアクション映画。ウォルター・ヒル監督。主演のミシェル・ロドリゲスは、男性時代の主人公役も特殊メイクを施して演じている。

目次

あらすじ編集

凄腕の殺し屋フランク・キッチンはある日、マフィアとの銃撃戦で負傷し、意識を失った。

しばらくしてフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めるが、全身には包帯が巻かれていた。包帯を取り去り、鏡を見たフランクは驚愕する。そこに写っていたのは、まぎれもない女の姿だったからだ。フランクは意識を失っている間に、何者かによって男から女への性転換手術を施されていたのだった。

フランクがベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声で性転換手術はフランクへの復讐を意味するというメッセージが入っていた。その声の主こそ、フランクに性転換手術を施した張本人レイチェル・ジェーン医師だった。

大切な“もの”を奪われ、女となったフランクは、銃と色気を武器に復讐に立ち上がる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[5]

脚注編集

外部リンク編集