レドニッツ川(レドニッツがわ、Rednitz)は、ドイツバイエルン州のフランケン地方を流れるで、レグニッツ川の左岸側、すなわち南側の源流である。

レドニッツ川

流域編集

この川は、海抜342mのロート郡ゲオルゲンスグミュントフレンキシェ・レーツァト川シュヴェービシェ・レーツァト川とが合流して形成される。

レドニッツ川はここから北に向かい、ロートビューヒェンバッハレドニッツヘムバッハシュヴァーバッハ、シュタイン、ニュルンベルク、オーバーシュバッハ、ツィルンドルフを経てフュルトに至り、その旧市街の北西部で東から流れてくるペグニッツ川と合流し、レグニッツ川となる。

水門・堰編集

  • ニュルンベルク近郊シュタインのファーバーカステル社工場横の堰と水門
  • ニュルンベルクの西部地域にある大きな発電所横の堰と水門
  • フュルトの西部地域にあるシュタットハレの下流にある堰と水門

支流編集

レドニッツ川の支流は以下の通り。( )内は、スペルと合流点:

  • ロート川(Roth、ロート)
  • アウラハ川(Aurach、ロート)
  • フィンスターバッハ川(Finsterbach、ビュッヘェンバッハ)
  • ヘムバッハ川(Hembach、レドニッツエムバッハ)
  • ビーベルト川(Bibert、ツィルンドルフ/オーバーアシュバッハ)
  • クロイツバッハ川(Kreuzbach、オーバーアシュバッハ)
  • シュヴァーバッハ川(Schwabach、シュヴァーバッハ)
  • マイン=ドナウ運河から分岐したレーテンバッハ水路(Röthenbacher Landgraben、シュタイン)
  • シュヴァルツァハ川(Schwarzach、シュヴァーバッハ)

編集

レドニッツ川は以下の町を通って流れる。

水質編集

水質は、この数十年間で改善された。1976年の分類ではクラスIIとIIIとの間(重大な負荷)あるいはクラスIII(ひどく汚染されている)であったが、『上部レグニッツ水質浄化作業グループ』の貢献で、2001年のロート南部では、依然「重大な負荷」であったが、その北部ではクラスII(あまり重くない負荷)にまで改善された。

経済的意義編集

シュヴァーバッハでは中世から19世紀の終わりまで、多くの木製の水車が稼働しており、隣接する土地の灌漑に利用されていた。(レグニッツ川参照)

今日では、レドニッツ川の水は、ニュルンベルク発電所の冷却塔の水として利用されている。