メインメニューを開く

レユニオン・ホットスポットインド洋レユニオン島直下にあるホットスポットチャゴス・ラッカディヴ海嶺マスカリン海台南部はレユニオン・ホットスポットの火山活動によるものである[1]

レユニオン・ホットスポットは6600万年以上にわたって活動していると考えられている。このホットスポットの6600万年前の大規模噴火がインド中央部のデカン・トラップを形成し、またインドをマスカリン海台から分離させたと考えられる。インドが北へ向かった後もホットスポットは活動を続け、6000から4500万年前にかけてラッカディヴ諸島モルディブ諸島チャゴス諸島を形成した。およそ4500万年前に中央海嶺がホットスポットを横切り、レユニオン・ホットスポットはアフリカプレートの下に移った。

4500から1000万年前の間は、ホットスポットの活動は低調であった。その後活動を再開しマスカリン諸島を形成した。モーリシャスやロドリゲス海嶺は1000から800万年前に、ロドリゲス島レユニオン島は過去200万年の間に出来た。レユニオン島のピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山は世界でも活発に活動している火山の一つであり、最近では2015年8月に噴火している[2]

脚注編集