チャゴス諸島の旗
チャゴス諸島の位置

チャゴス諸島(チャゴスしょとう、Chagos Archipelago、オイル諸島 Oil Islands という旧名もある)は、インド洋にある諸島。イギリス領インド洋地域の一部である。モルディブの南1,600kmのところにあり、7つの環礁を中心とした60以上の島で構成されている。最大の島はディエゴガルシア島。インド西岸のラクシャディープ諸島からモルジブ諸島を経てチャゴス諸島へと至る海底山脈の一部を形成する。

歴史編集

 
チャゴス諸島:
右下にディエゴガルシア島(Diego Garcia)。 緑色は珊瑚礁の中で上陸できる土地がある島。

モルディブでは古くからチャゴス諸島の存在は知られていたが、モルディブからは遠いことから人の居住はなされなかった。16世紀にポルトガルによって発見された後、18世紀から住民が定住し、1814年よりイギリス領となった。モーリシャスの管轄として統治されていたが、1965年にモーリシャスから分離された。1968年にモーリシャスが独立した後も、イギリス領として残されている。

20世紀半ばには住民は2,000人ほどとなっていたが、1967年から1971年にかけてモーリシャスへ移住させられている。1965年チャゴス諸島は英領モーリシャスの一部であり、モーリシャスが自治権を持っていた。この年、イギリスの当時の外務大臣と、後にモーリシャスの首相となるシウサガル・ラングラムの間の秘密合意でチャゴス諸島を分離することを条件にモーリシャスが念願の独立を果たし、またチャゴス諸島と引き換えにイギリスがモーリシャスに400万ポンドを支払うことが決定した。

1966年の英米間の合意によりチャゴス諸島の中で最大面積を持つディエゴガルシア島が50年間アメリカの軍施設として使われることになった。その後20年の延長も認められており、実際に2016年から20年間の延長がなされている。アメリカが島の全住人を追放することを求め1968年から1974年にかけて英米によって追放政策が実施された[1]

モーリシャスは領有権を主張しており、現在も元島民が帰還を求め法廷闘争などを続けるなど、イギリスとの間で領有権争いが続いている。2019年2月25日には国際司法裁判所から「英国には、チャゴス諸島の統治を可能な限り迅速に終結させ、モーリシャスに自国領の非植民地化を完了させる義務がある」との勧告がなされ、モーリシャスの独立後もイギリスが統治し続けているのは違法であるとの判断が下された[2][3]。勧告に拘束力はないが、モーリシャスや元住民は勧告を歓迎し、イギリスは勧告に反論を行った[2]5月22日、国連総会にてイギリスに対し「6カ月以内に諸島の植民地統治を終え、撤退する」よう求める決議が賛成116、反対6、棄権56で採択された[4]。2019年11月22日この決議にイギリス政府は「諸島の統治は正当なものである」と植民地統治と島からの撤退を拒否し引き続き支配している[5]

主な環礁編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

座標: 南緯6度17分 東経72度05分 / 南緯6.28度 東経72.08度 / -6.28; 72.08