ロサムンディ(ラテン語:Rosa Mundi)は、一季咲きバラで、ロサ・ガリカの品種の一つ。オールドローズ(OL)に分類されている。名称は「世界のバラ」の意。

ロサムンディ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosares
: バラ科 Rosaceae
: バラ属 Rosa
: ロサ・ガリカ Rosa gallica
品種 : ロサムンディ Rosa Mundi
学名
Rosa gallica L. 'Rosa Mundi'

概要編集

5月頃にローズピンクに淡いに近いピンクが混じった絞り模様の半八重咲き、8〜9cm位の大輪の花を咲かせる。房咲きで、中心の花は大きくその周囲につく花は小さくなる。絞りの入り方は、2つと同じものが見つからないほど花ごとに異なる。ロサムンディは、12世紀イングランド国王ヘンリー2世の妃の名前である[要出典]。このバラの起源もその頃といわれ、古い歴史を持つ。

別名(元名):ロサ・ガリカ・ベルシコロール(Rosa gallica versicolor

ロサ・ガリカ・オフィキナリス(R. gallica officinalis)の枝代わりといわれる。

1580年

樹高は1m内外で、ブッシュ性。

香りはかなり強く野性味がある。食用、薬用香水、バラ風呂に利用される。