ロシアのファシズム

ロシアのファシズムとは、1930年代のロシアのナショナリズムロシア語版の発展時期、1940年代のイタリアファシズム、明白な反共主義反ユダヤ主義へのシンパシーに特徴づけられる。

ロシアのファシズムは、「黒百人組[1]と「白色運動」として歴史付けられて知られている運動にその起源を持つ。

ロシアのファシズムは、ドイツ満州アメリカに住む白系ロシア人の移民仲間の間で一般的であった。

(満州に対して)ドイツとアメリカでは、政治的活動は、それらがほとんど、新聞とパンフレットの限定出版であった。第二次世界大戦の始まりと共に、ドイツに於けるロシアのファシストはヒトラーをサポートして、ロシア人協力者英語版の隊列に加わった。

「黒百人組」編集

1930年代から1940年代編集

現代ロシアのファシズム編集

黒百人組運動の復活は、ペレストロイカの終了後に見られた。例えば、1992年に「パムヤチロシア語版」組織のメンバーであるアレクサンドル・シュチーリマルクロシア語版が新聞「黒百人組」の出版を始めた。2003年以来、「正教警報」─黒百人組運動の主な出版物─ はシュチーリマルクを頭とした。黒百人組に関して、2005年に「ロシア人民同盟ロシア語版」が再作成され、新聞「正教ロシア」はコンスタンチン・キーンチェフロシア語版によって、ミハイル・ナーザロフロシア語版が率いるアリーサ[要リンク修正][要曖昧さ回避]「赤黒百人組」だけでなく、同様に多くの小さな組織のファンの中で、設立された。現代ロシアのファシズムの大部分は、20世紀始まりの黒百人組から直接自身を誇示しない場合でも、それは少なくとも運動のイデオロギー的な影響を否定するものではない。

ウラジミール・イリュシェンコによると、ロシアのファシズムは、イタリアのファシズムというよりも、はるかにドイツの国家社会主義に類似している[5]。ロシアのネオナチズムは、ロシアのナショナリズムの極端な形態であり、民族的憎悪と不寛容を理由に犯罪を犯して、メディアの注目を受けている[6]

出典編集

  1. ^ Уолтер Лакер. Чёрная сотня. Происхождение русского фашизма. М.: Текст, 1994. ISBN 5-7516-0001-0
  2. ^ К. В. Родзаевский. Завещание Русского фашиста М., ФЭРИ-В, 2001
  3. ^ a b c d e John J. Stephan. The Russian Fascists: Tragedy and Farce in Exile, 1925—1945 New York: Harper & Row, 1978
  4. ^ Окороков А. В. Фашизм и русская эмиграция (1920—1945 гг.)
  5. ^ Илюшенко В. И. Фашизм как духовный феномен // Ксенофобия. Национализм. Фашизм: Лики русского неонацизма — М.: Academia, 2005. — 264 с. — 1000 экз.
  6. ^ «Сова» пугает людей ужасами «русского неонацистского переворота»

参考文献編集