ロシュミット数: Loschmidt's constant (number), 記号:n0, NL)は、°C、1気圧の単位体積理想気体に含まれる分子数である。

ロシュミット数
Loschmidt's constant
記号 n0
2.686780111×1025 m−3
語源 ヨハン・ロシュミット
テンプレートを表示

mol に含まれる分子数を表すアボガドロ定数 NA = 6.02214076×1023 mol−1 [1]を、理想気体のモル体積 Vm = 22.41396954×10−3 m3 mol−1 [2]で除して求めることができ、その値は、°C273.15 K)、1気圧(101.325 kPa)において、

n0 = NA/Vm = 2.686780111×1025 m−3

である(2018年CODATA推奨値[3]。)。

気体中の分子数は1865年ヨハン・ロシュミットにより気体の熱伝導を用いてこの形で求められた。しかし、科学分野の発展と共に、定義が明確なアボガドロ定数の方がより基本的な定数として採用されている。

物理学では、1 mol の気体よりも単位体積中の気体の分子数を問題とする場合があり、ロシュミット数も用いられている。

特にドイツ語圏においては、かつてアボガドロ定数のことをロシュミット数と称していたことがある[4][5]

脚注編集

出典

参考文献編集

  • 日本大百科全書小学館、1993年4月。ASIN 4095269308ISBN 978-4095269306 
  • 山崎 昶(編) 編 『法則の辞典』朝倉書店、2006年9月10日。ASIN 425410197XISBN 978-4-254-10197-3NCID BA7838617XOCLC 894512342全国書誌番号:21105817https://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-10197-3/ 

外部リンク編集