ロバート・バーティー (第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵)

第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵ロバート・バーティー英語: Robert Bertie, 4th Duke of Ancaster and Kesteven PC1756年10月17日1779年7月8日)は、グレートブリテン王国の貴族。1756年から1758年までロバート・バーティー卿、1758年から1778年までリンジー侯爵儀礼称号を使用した。

第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵

生涯編集

第3代アンカスター=ケスティーヴァン公爵ペレグリン・バーティーメアリー・パントン英語版の次男として、グリムスソープ英語版で生まれた[1]

兄ペレグリン・トマス・バーティーが1758年12月12日に死去すると、リンジー侯爵の儀礼称号を継承した。イートン・カレッジケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版(1772年5月18日入学)で教育を受けた[2]

1776年5月9日に第7歩兵連隊英語版の中尉になった後、アメリカ独立戦争中の1777年に北米で志願兵になった[2]。1778年1月20日、第15歩兵連隊英語版の大尉に昇進した[3]

1778年8月12日に父が死去するとアンカスター=ケスティーヴァン公爵の爵位[1]リンカンシャー統監英語版[2]式部卿の職を継承した。式部卿の職が分割相続される前では最後の在任者となった。1779年2月12日、枢密顧問官に任命された[2]

生涯未婚のまま、1779年7月8日に猩紅熱によりグリムスソープ英語版で死去、エデナム英語版で埋葬された[2]。式部卿の職とウィロビー・デ・エレスビー男爵の爵位は妹プリシラジョージアナ英語版の間で停止状態になり(1780年3月18日に解消[1])、それ以外の爵位や官職は叔父ブラウンロー・バーティーが継承した[1]。第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵にはスーザンという庶出の娘がおり、彼女はバナスター・タールトンと結婚したが、2人の間に子供はいなかった。

脚注編集

  1. ^ a b c d (英語) Burke's Peerage (99th edition ed.). (1949). p. 52. https://archive.org/details/burkesgenealogic1949unse/page/52 
  2. ^ a b c d e "Lindsey, Robert (LNDY772RB)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ "No. 11841". The London Gazette (英語). 17 January 1778. p. 2.
公職
先代
第3代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
式部卿
1778年 – 1779年
停止
次代の在位者
分割相続
名誉職
先代
第3代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
リンカンシャー統監英語版
1779年
次代
第5代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
グレートブリテンの爵位
先代
ペレグリン・バーティー
アンカスター=ケスティーヴァン公爵
1778年 – 1779年
次代
ブラウンロー・バーティー
イングランドの爵位
先代
ペレグリン・バーティー
ウィロビー・デ・エレスビー男爵
1778年 – 1779年
停止
次代の在位者
プリシラ・バーティー