ロバート・ミリガン

ロバート・ミリガン(Robert Milligan、1746年1809年5月21日)は、イギリススコットランドの実業家、船主、奴隷仲買人[1]ロンドン西インド埠頭英語版の建設を主導した人物[2]

英領ジャマイカ英語版砂糖プランテーションを所有する裕福な家庭に育つ。1779年にジャマイカを去り、ロンドンに住み始めた[3]。しばらくハムステッドで暮らした[4]1809年に死去した時には、ケリッツ英語版とマミー・ガリー (Mammee Gully) と呼ばれるジャマイカの砂糖プランテーションで526人の奴隷を所有していた[5]

西インド埠頭編集

 
1802年西インド埠頭英語版を描いた絵画

ロンドンの川沿いの波止場の盗難と遅延による損失に怒っていたミリガンは、西インド埠頭英語版を建設する計画に参加していた実業家のリーダー的存在となった[6]。西インド埠頭は21年間、砂糖やラムコーヒーなどの西インド諸島の生産物のロンドンへの輸入に独占権をもった[7]1800年7月に埠頭の定礎があり、ミリガンは西インド埠頭会社の副社長(Deputy Chairman)となった。ミリガンと政界の強い結びつきは式典に出席した者から明らかだった。首相ウィリアム・ピット大法官の初代ラフバラー男爵英語版アレクサンダー・ウェダーバーン英語版らである[8]

埠頭は正式には2年後の1802年8月から開かれた。ミリガンは後に西インド埠頭会社の社長も務めた。

ミリガンの像編集

 
2020年6月9日まで建っていたロンドン・ドックランズ博物館英語版前のミリガン像

1809年5月にロンドン・ドックランズ博物館英語版前にリチャード・ウェストマコット作成のミリガンの像が建てられた。ジョージ・フロイドの死を発端に始まった人種差別反対運動でエドワード・コルストンの像が倒されたのに続き、2020年6月9日にタワーハムレッツ区が「人々の要望に応えて」としてミリガンの像を撤去した[9][10]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Robert Milligan”. Legacies of British Slave-ownership. University College London. 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ Mapping the legacy of slavery in London's Docklands”. Museum of London (2018年10月23日). 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ The Jamaica Chamber of Commerce – History”. 2007年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月19日閲覧。
  4. ^ 'Hampstead: Belsize', A History of the County of Middlesex”. pp. 51–60 (1989年). 2006年7月19日閲覧。
  5. ^ 1811 Jamaica Almanac – Clarendon Slave-owners”. Jamaicanfamilysearch.com. 2016年1月31日閲覧。
  6. ^ Robert Milligan (c.1746–1809). – The working Thames”. Port Cities (2012年11月19日). 2016年1月31日閲覧。
  7. ^ Docklands Light Railway – Teachers' Resource Pack”. 2006年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月19日閲覧。
  8. ^ J. Burrow & Co. Ltd.: “Official Guide to the Metropolitan Borough of Poplar” (1927年). 2016年1月31日閲覧。
  9. ^ Robert Milligan statue statement”. Museum for London (2020年6月9日). 2020年6月10日閲覧。
  10. ^ Robert Milligan: Slave trader statue removed from outside London museum”. BBC News (2020年6月9日). 2020年6月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集