ロバート・モンタギュー (第3代マンチェスター公爵)

第3代マンチェスター公爵ロバート・モンタギュー英語: Robert Montagu, 3rd Duke of Manchester1710年頃 – 1762年5月10日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。1734年から1739年までハンティンドンシャー選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた後、マンチェスター公爵の爵位を継承した。

生涯編集

初代マンチェスター公爵チャールズ・モンタギューと妻ドディントン・グレヴィルの息子として、1710年頃に生まれた[1]

1734年イギリス総選挙ハンティンドンシャー選挙区英語版から出馬して庶民院議員に当選、以降1739年10月21日に兄チャールズからマンチェスター公爵の爵位を継承するまで議員を務めた[1]。また、1735年から1737年までキャロライン王妃副宮内長官英語版を、1739年から1762年までハンティンドンシャー知事英語版を、1739年から1761年まで寝室侍従英語版を、1761年から1762年までシャーロット王妃宮内長官英語版を務めた[1]

1762年5月10日に死去、長男ジョージが爵位を継承した[2]

家族編集

1735年4月3日、エドマンド・ダンチ英語版の娘ハリエット(Harriet、1755年2月25日没)と結婚した[1][2]。2人は2男2女をもうけた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d MONTAGU, Lord Robert (c.1710-62), of Kimbolton, Hunts.”. History of Parliament Online. 2019年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c (英語) Burke's Peerage (99th edition ed.). (1949). p. 1323. https://archive.org/details/burkesgenealogic1949unse/page/1323 
グレートブリテン議会英語版
先代:
ジョン・ビッグ英語版
ロバート・ピゴット英語版
庶民院議員(ハンティンドンシャー選挙区英語版選出)
1734年 – 1739年
同職:ロバート・ピゴット英語版
次代:
ロバート・ピゴット英語版
チャールズ・クラーク英語版
公職
新設 シャーロット王妃宮内長官英語版
1761年 – 1762年
次代:
ノーサンバランド伯爵
名誉職
先代:
第2代マンチェスター公爵
ハンティンドンシャー知事英語版
1739年 – 1762年
次代:
第4代マンチェスター公爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ウィリアム・モンタギュー
マンチェスター公爵
1739年 – 1762年
次代:
ジョージ・モンタギュー