メインメニューを開く

ロバート・ロレンツRobert Lorenz)は、アメリカ合衆国の映画監督映画プロデューサーである。

ロバート・ロレンツ
Robert Lorenz
職業 映画監督映画プロデューサー
テンプレートを表示

1990年代より第二班監督や助監督として活動する[1]。『ブラッド・ワーク』(2002年)で初めてプロデューサーを務め、同作品以降すべてのクリント・イーストウッド作品でプロデューサーまたはエグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている。『ミスティック・リバー』と『硫黄島からの手紙』ではアカデミー作品賞にノミネートされた[2][3]。2012年にイーストウッド主演の『人生の特等席』で監督デビューを果たした。

フィルモグラフィ編集

参考文献編集

外部リンク編集