メインメニューを開く
ロプコヴィッツ家の紋章

ロプコヴィッツ家(チェコ語:Lobkovicové もしくはLobkowicz、ドイツ語:Lobkowitz)は、チェコおよびオーストリアの貴族の家系。

14世紀まで遡れる最も古いボヘミア貴族の一つ[1]。祖先は裕福でない大地主 Martin z Újezda (1397年没)、彼の子であり初代となるMikuláš Chudý z Újezdaは、プラハ・カレル大学哲学学部を卒業後、省庁に務めクトナー・ホラの筆記官として活躍し、神聖ローマ皇帝チェコ王ヴェンツェルの影響下でロブコヴィツェ村(Lobkovice)を拝領、1417年ボヘミア王国の筆頭筆記官となる。フス戦争では王の命により、反抗した貴族たちの城を占領し、ハッセンシュタイン城(Hasištejn Castle)を拝領した。

人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Lobkowicz family history”. www.lobkowicz.com. 2017年1月6日閲覧。