ロマーノ・プポー

ロマーノ・プッポRomano Puppo、1933年3月25日– 1994年5月11日)はイタリアのスタントマン兼俳優。

Romano Puppo
Romano puppo.jpg
生誕 25 March 1933 (1933-03-25)
Rome, Italy
死没 11 May 1994 (1994-05-12) (aged 61)
Trieste, Italy
職業 Actor

『新・夕陽のガンマン/復讐の旅』では酒場の場面に登場する保安官補役。リー・ヴァン・クリーフとは『復讐のガンマン』(1966)や『怒りの荒野』(1967)などで共演歴があり、親交もあった。また、ジュリアーノ・ジェンマとも友人だった。マカロニウエスタン時代の1960年代から数多くの娯楽作に出演する傍らスタントマンも務め、大作『オルカ』(1977)ではスタント・コーディネーターを担当している。晩年はイカツイ風貌に渋さも加わり、『サイゴン野獣刑事』や『サイバーロボ』(共に1988)も印象的。尚、テレビ映画大作『サハラの秘宝』(1987)ではプッポ・ロマーノ名義でクレジットされている。

人生とキャリア編集

厳選されたフィルモグラフィー編集

脚注編集

外部リンク編集