ローマ=アンコーナ線

ローマ=アンコーナ線 (linea Roma – Ancona) は、ローマと、アドリア海岸、より正確に言えばアンコーナ市とを結ぶ鉄道路線である。その行程ではアペニン山脈を横切り、テルニスポレートフォリーニョといったウンブリア州の州域を通過する。当初の計画では、その当時の教皇国家により「Strada Ferrata Pio Centrale」(ピオ中央鉄街道)と名づけられたが、その名前はイタリア王国に捨てられた。

ローマ=アンコーナ線
基本情報
イタリアの旗 イタリア
起点 ローマ
終点 アンコーナ
運営者 フェッロヴィーエ・デッロ・スタート, RFI
路線諸元
路線距離 299
電化方式 直流 3000 V
テンプレートを表示

特徴編集

ローマからオルテまでは、フィレンツェ行き旧路線と線路を共用し、アンコーナへの到着前にファルコナーラ・マリッティマアンコーナ=ボローニャ線と合流して最終区間を共用する。 最近安全のために施設の更新作業を行った。直流3kvが引かれている。

複線化編集

ローマ=アンコーナ線は比較的交通量が多く、州内列車、州間列車、インターシティユーロスターなどが通行するが、以下に示すように大部分の区間が単線である:

  • ローマ - オルテ: フィレンツェ=ローマ線との共用区間は複線
  • オルテ - テルニ: 30 km 複線
  • テルニ - カンペッロ: 40 km 単線
  • カンペッロ - フォリーニョ : 15 km 複線
  • フォリーニョ - フォッサート: 40 km 単線
  • フォッサート - ファルビアーノ: 15 km 単線
  • ファルビアーノ - アルバチーナ: 10 km 単線
  • アルバチーナ - モンテカロッコ: 25 km 単線
  • モンテカロッコ - ファルコナーラ: 25 km 複線
  • ファルコナーラ - アンコーナ: アドリア海線との共用区間は複線

沿線、駅と停車場編集

  ローマ・テルミニ
  ローマ・ティブルティーナ
  
   ローマ・ノメンターナ
   ヌオーヴォ・サラーリオ
   フィデーネ
  
  セッテバーニ
  フィレンツェ行き「ディレッティッシマ」
  モンテロトンド=メンターナ
  ピアーナ・ベッラ・ディ・モンテリブレッティ
  ファーラ・サビーナ=モンテルブレッティ
  ポッジョ・ミルテート
  ガヴィニャーノ・サビーノ
  スティミリアーノ
  コッレヴェッキオ=ポッジョ・ソンマヴィッラ
  チーヴィタ・カステッラーナ=マリアーナ
  ガッレーゼ・タヴェリーナ
  オルテ・スド「ディレッティッシマ」接続
  オルテ
  カプラーニカ行き路線
  オルテ・ノルド「ディレッティッシマ」接続
  フィレンツェ行き路線
  サン・リベラート
  ネーラ・モントーロ
  ナルニ=アメーリア
  サンセポルクロ行き路線/スルモーナ行き路線
  テルニ
  ジュンカーノ
  バイアーノ・ディ・スポレート
  スポレート
  サン・ジャコモ・ディ・スポレート
  カンペッロ・スル・クリトゥンノ
  トレーヴィ
  フォリーニョ
  テロントラ行き路線
  スカンツァーノ=ベルフィオーレ
  カポダックア=ピエーヴェ・ファノーニカ
  ヴァルトピーナ
  ノチェーラ・ウンブラ
  ポンテ・パッラーノ・ディ・ノチェーラ・ウンブラ
  ガイファーナ
  グアルド・タディーノ
  フォッサート・ディ・ヴィーコ=グッビオ
  ペルゴラ行き路線
  ファブリアーノ
  アルバチーナ
  チヴィタノーヴァ・マルケ
  ジェンガ=サン・ヴィットーレ・テルメ
  セッラ・サン・クイーリコ
  カステルプラーニコ=クプラモンターナ
  モンテカロット=カステルベッリーノ
  パンティエーレ・ディ・カステルベッリーノ
  イェージ
  キアラヴァッレ
  カステルフェッレッティ
  ボローニャ行き路線
  ファルコナーラ・マリッティマ
  パロンビーナ
  アンコーナ・トッレッテ
  アンコーナ
  ペスカーラ行き路線
  アンコーナ・マリッティマ

参考文献編集

  • Gianfranco Tiberi. Gli investimenti ferroviari:150 anni di altalena, in La tecnica professionale . Roma, CIFI, 1989 .
  • Gian Guido Turchi. La ferrovia Roma-Ancona dalla "Pio centrale" al "Pendolino", in Ferrovie italmodel . Verona, edizioni EMME, 1979 .