メインメニューを開く

ローラ・チャイルズLaura Childs)は、アメリカ合衆国推理作家

広告代理店でライター兼プロデューサーとして勤務した後、マーケティング会社を設立しCEO兼クリエイティブ・ディレクターを務める。その後、シナリオライターを経て、2001年に「ダージリンは死を招く」で作家デビュー。

著作編集

お茶と探偵シリーズ (Teashop Mysteries)
# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 ダージリンは死を招く Death by Darjeeling 2001年 2005年09月 東野さやか ランダムハウス講談社文庫
2 グリーン・ティーは裏切らない Gunpowder Green 2002年 2006年04月
3 アール・グレイと消えた首飾り Shades of Earl Grey 2003年 2006年12月
4 イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部 The English Breakfast Murder 2003年 2007年04月
5 ジャスミン・ティーは幽霊と The Jasmine Moon Murder 2004年 2007年12月
6 カモミール・ティーは雨の日に Chamomile Mourning 2005年 2008年05月
7 ブラッドオレンジ・ティーと秘密の小部屋 Blood Orange Brewing 2006年 2008年12月
8 ロンジン・ティーと天使のいる庭 Dragonwell Dead 2007年 2009年07月
9 ホワイト・ティーは映画のあとで Silver Needle Murder 2008年 2010年06月 武田ランダムハウスジャパン
10 ウーロンと仮面舞踏会の夜 Oolong dead 2009年 2011年04月
11 ミントの香りは危険がいっぱい The Teaberry Strangler 2010年 2012年06月
12 オーガニック・ティーと黒ひげの杯 Scones & Bones 2011年 2013年08月 原書房コージーブックス
13 ローズ・ティーは昔の恋人に Agony of the Leaves 2012年 2014年09月
14 スイート・ティーは花嫁の復讐 Sweet Tea Revenge 2013年 2015年07月
15 プラム・ティーは偽りの乾杯 Steeped in Evil 2014年 2016年 5月
16 アジアン・ティーは上海の館で Ming Tea Murder 2015年 2017年 2月
17 ロシアン・ティーと皇帝の至宝 Devonshire Scream 2016年 2017年12月
18 Pekoe Most Poison 2018年
卵料理のカフェシリーズ (Cackleberry Club Mysteries)
# 邦題 原題 刊行年
 
刊行年月
 
訳者 出版社  
1 あつあつ卵の不吉な火曜日 Eggs in purgatory 2008年 2009年12月 東野さやか ランダムハウス講談社文庫
2 チェリーパイの困った届け先 Eggs Benedict Arnold 2009年 2011年01月 武田ランダムハウスジャパン
3 ほかほかパンプキンとあぶない読書会 Bedeviled Eggs 2010年 2011年12月
4 あったかスープと雪の森の罠 Stake & Eggs 2012年 2013年01月 原書房〈コージーブックス〉
5 保安官にとびきりの朝食を Eggs in a Casket 2014年 2015年03月
6 幸せケーキは事件の火種 Scorched Eggs 2014年 2016年1月
7 とろとろチーズ工房の目撃者 Egg Drop Dead 2016年 2017年6月
Scrapbook Mysteries
  • Keepsake Crimes (2003)
  • Photo Finished (2004)
  • Bound for Murder (2004)
  • Motif for Murder (2007)
  • Frill Kill (2008)
  • Death Swatch (2008)
  • Tragic Magic (2009)
  • Fiber & Brimstone (2010)
  • Skeleton Letters (2011)
  • Postcards from the dead (2013)
  • Gilt Trip (2013)
  • Gossamer Ghost (2014)
  • Parchment and Old Lace (2015)

関連項目編集

外部リンク編集