ローレンス・オリヴィエ賞

ローレンス・オリヴィエ賞Laurence Olivier Awards)とは、その年に上演された優れた演劇オペラに与えられる賞であり、イギリスで最も権威があるとされている。毎年2月に実施[要出典]。イギリス版のトニー賞とも言える。

ローレンス・オリヴィエ賞
イギリスの旗 イギリス
主催ソサエティ・オブ・ロンドン・シアター英語版
初回1976年
公式サイトhttp://www.olivierawards.com/

イギリスの名優ローレンス・オリヴィエの名が付されており、1976年ソサエティ・オブ・ロンドン・シアター英語版により設立された。

日本人では、バレリーナの森下洋子とシアタープロデューサーの川名康浩が受賞している。[1] また、2002年には日本の舞踏カンパニーである山海塾の作品『ひびき』が、“最優秀新作ダンス作品賞”(the 26th en:Laurence Olivier Award for Best New Dance Production)を受賞した。

2007年には十一代目市川海老蔵二代目市川亀治郎らがサドラーズウェルズ劇場で上演した歌舞伎の『藤娘』および『色彩間苅豆〜かさね』が最優秀新作ダンス作品賞にノミネートした[2][3]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “川名康浩氏オリヴィエ賞”. スポニチ. (2016年4月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/04/kiji/K20160404012340710.html 2019年3月5日閲覧。 
  2. ^ “海老蔵、亀治郎ローレンスオリヴィエ賞ノミネート”. 歌舞伎美人(かぶきびと) (松竹). (2007年1月19日). https://www.kabuki-bito.jp/news/2266/ 2021年2月3日閲覧。 
  3. ^ Nominations for the 2007 Laurence Olivier Awards”. LondonTheatre.co.uk (2007年1月18日). 2021年2月3日閲覧。(英語)

外部リンク編集