ヴァイオリン協奏曲第4番 (パガニーニ)

ニコロ・パガニーニが作曲したヴァイオリン協奏曲

ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調は、ニコロ・パガニーニが作曲したヴァイオリン協奏曲

概要編集

作曲年代は不明だが、1830年2月にパガニーニがジェノヴァの友人にあてて書いた手紙の中に「いま完成した」と記された手紙がある。初演は、おそらく1831年3月20日パリ・オペラ座で行われた。

パガニーニの死後、楽譜は息子アキリーノのもとに保管されたが、やがて処分されてしまった。1936年にも同じことが繰り返されたが、その時、パルマのくず屋が買い取った紙束の中から、アキリーノの署名がある本作のオーケストラ譜が発見され、そのオーケストラ譜を買い取ったイタリアの蒐集家ナターレ・ガルリーニがその後、北イタリアのコントラバス奏者ジョヴァンニ・ボッテジーニ1821年-1889年)の遺品の中にヴァイオリンの独奏パート譜を発見した。

その後、1954年11月7日に、アルテュール・グリュミオーの独奏ヴァイオリン、ラムルー管弦楽団フランコ・ガルリーニ指揮(ナターレの息子)によって、パガニーニの死後、初めて演奏された。

構成編集

全3楽章の構成で、演奏時間は約30分程度。

  • 第1楽章 アレグロ・マエストーソ ニ短調、4分の4拍子
  • 第2楽章 アダージョ・フレビーレ・コン・センティメント 嬰ヘ短調、8分の6拍子
  • 第3楽章 ロンド・ガランテ:アンダンティーノ・ガイオ ニ短調、8分の6拍子

外部リンク編集