ヴァイニウス(リトアニア語:Vainius, ? - 1333/34年頃)は、ポラツク公で、リトアニア大公ブトヴィーダスの三番目の息子でヴィテニスゲディミナスの兄弟であるといわれる[1]

1324年ポラツク公として最初に言及され[2]1326年にはノヴゴロド共和国リヴォニア騎士団との和平を締結するためにゲディミナス大公がノヴゴロドに派遣した施設にミンスク公ヴァシーリー、フョードル・スヴャストラフヴィチとともに加わっている。 それ以上の歴史上の事実に関しては言及されていない。1333年及び1334年におけるリヴォニア騎士団のポラツクに対する遠征という有名な事実を考慮に入れるならばヴァイニウスはこの時に戦死した可能性がある。1338年にはポラツク公の名は既にナリマンタスになっている。また、歴史上の資料ではヴァイニウスの息子であるリウバルタスは1342年のリヴォニア騎士団との戦いで戦死したと言及されている[2]

脚注編集

  1. ^ (ポーランド語) Wolff J. Rod Gedimina. — Krakow, 1886. — S. 6.
  2. ^ a b (リトアニア語) Vainius // Tarybų Lietuvos enciklopedija / ed. J.Zinkus. — Vilnius: Lithuania: Vyriausioji enciklopedijų redakcija, 1988. — Т. IV. — pp. 419.

参考文献編集

  • Беляев, И. Д. История Полоцка или Северо-Западной Руси от древнейших времен до Люблинской унии / И. Д. Беляев. — Москва, 1872.
  • Данилевич, В. Е. Очерк истории Полоцкой земли до конца XIV столетия / В. Е. Данилевич. — Киев, 1896.
  • Довнар-Запольский, М. В. Очерк истории Кривичской и Дреговичской земель до конца XII столетия / М. В. Довнар-Запольский. — Киев, 1891.
  • Дук Д. У. Полацк і палачане (IX—XVIII стст.) / Д. У. Дук. — Наваполацк : ПДУ, 2010.