ブトヴィーダスプクヴェラス[1]リウトベラスリトアニア語: Putuwerus[1]1294/5年に死去)は、リトアニア大公ヴィテニスの父及びゲディミナスの父と思われている人物であり、後のゲディミナス朝の始祖である[1]

ブトヴィーダス
Butvydas
リトアニア大公
在位 1290/1年 - 1294/5年

死去 1294/5年
子女 ヴィテニス
ゲディミナス
家名 ゲディミナス家
王朝 ゲディミナス朝
父親 スカルマンタス?
テンプレートを表示

確実な情報編集

ブトヴィーダスが記述されている唯一信頼に足りうる[1]歴史上の資料はペーター・フォン・ドブスブルクの年代記である。同書における1291年の項では息子のヴィテニスポーランドに遠征させたブトヴィーダスのことを「リトアニアの王」(ラテン語: Rex Lethoviae)と呼んでいる。年代記に書かれたブラックレターは大公の名をPutuwerusないしは、より少ない可能性としてのLutuwerusと読むのを可能とする[1]

推定編集

ブィホヴィエツ年代記 』に代表されるような後世の歴史書がブトヴィーダスについて«з именя держачого в Жомойти речоного Эйрагола»と記述していることから、ジェマイティアが出生の地だと裏付けられる。テオドラス・ナルブタスは、アリオガラの創設者で、1264年トレニオタ殺害後にポラツク公国を受け取った海賊リウトベラスの伝説について挙げた[2]。これに関してはナルブタスは、他で確認されていないポーランド語の文献『Rękopis Rovdana』(Rovdan写本)を利用したといわれる[1]

ポーランドの歴史家であるユーゼフ・プズィナは、ブトヴィーダスは『イパチエフ年代記』における1289年の兄弟と思われるブティゲイディスの記述に出ている可能性があると推測している[3][1]

イェージ・オクマニスキイは『ザドンシナ』の記述でゲディミナス家の者が自らを“スカルマンタスの曾孫”と名乗っていることからブトヴィーダスの父はスカルマンタスであることに気付いた[4][1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Насевіч В. Л. Путувер // Энцыклапедыя гісторыі Беларусі: У 6 т. — Т. 6. — Кн. 1. — Мінск, 2001. С. 8.
  2. ^ Narbutt T. Dzieje starożytne narodu Litewskiego. — T. 4. — S. 310—313.
  3. ^ Puzyna J. Kim był i jak sie naprawdę nazywał Pukuwer ojciec Giedymina // Ateneum Wileńskie. — T. 10. — 1935. — S. 1-43.
  4. ^ Охманьский Е. Гедиминовичи — «правнуки Сколомендовы» // Польша и Русь. — М., 1974. — С. 358—364.

参考文献編集

関連項目編集

先代:
ブティゲイディス
リトアニア大公
1291年 - 1295年
次代:
ヴィテニス