ヴァシリコ・ユーリエヴィチ

ヴァシリコ・ユーリエヴィチロシア語: Василько Юрьевич、? - 1161年以降)はスーズダリ公ユーリー・ドルゴルーキーの子である。スーズダリ公:1149年 - 1151年[1]、ポロシエ公:1155年 - 1161年[1]

父のユーリーが1149年キエフ大公として承認されてから、1155年にスーズダリ公に戻るまでの間、ユーリーのナメストニクとしてスーズダリの統治を任されていた。1157年の父の死以降、1161年まで、ヴァシリコはポロシエキエフ南方の軍事的入植地帯)を保持していた。それはキエフ大公位を狙うイジャスラフとユーリー一族の闘争の最終局面において、ヴァシリコが黒頭巾族(ポロシエの遊牧民の総称)と共に闘争に参加していたことによる。

その後、兄弟のアンドレイ・ボゴリュブスキー(ru)によってビザンツ帝国へ送られ、ドナウ川流域にいくらかの領土を得た[1]。ヴァシリコの死亡年、また家族に関しては不明である。

出典編集

  1. ^ a b c Л.Войтович 3.17. МОНОМАХОВИЧІ. ЮРІЙОВИЧІ. РОСТОВСЬКА, СУЗДАЛЬСЬКА, МОСКОВСЬКА І ТВЕРСЬКА ГІЛКИ // КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ CXIДНОЇ ЄВРОПИ ― Львів - 2000