ヴァシリー・ウラジミロヴィチ (ウグリチ公)

ヴァシリー・ウラジミロヴィチロシア語: Василий Владимирович1394年7月9日 - 1427年)は15世紀のルーシの分領公である。ペレムィシュリ(ペレムィシュリ・モスコフスキー)公並びにウグリチ公:1410年 - 1427年。

ヴァシリーはウラジーミル(ru)の末子(七男)として生まれた。父の所領のうち、ペレムィシュリ(ru)ウグリチを相続した。

1414年、兄のアンドレイ(ru)と共にガーリチ(ガーリチ・メルスキー)公ユーリー(ru)への遠征軍に参加し、ニジニー・ノヴゴロド付近でダニール(ru)、イヴァン(ru)兄弟(前スーズダリ・ニジェゴロド大公ボリス(ru)の子)軍と対峙した。

1427年、ルーシ広域に甚大な被害を及ぼしていたペストにより、ヴァシリーもまた死亡した。ユリヤナという出自不詳の妻の名が史料に残されているが、子については不明である。モスクワ聖天使首大聖堂に葬られた。

参考文献編集

  • Экземплярский А. В. Василий Владимирович, князь серпуховско-перемышльский // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  • Василий Владимирович // Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — Т. 1.