ヴァシリー・ビシャーリン

ヴァシリー・グリゴリエヴィチ・ビシャーリンロシア語: Василий Григорьевич Бисярин, ラテン文字転写: Vasilii Grigor'evich Bisyarin1893年 - 1949年4月13日)は、ロシアの革命家・政治家。

ヴァシリー・グリゴリエヴィチ・ビシャーリン
Василий Григорьевич Бисярин
生年月日 1893年
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ウファ県ロシア語版ウファ郡ロシア語版カタフ・イヴァノフスクロシア語版
ズラトウースト郡ロシア語版ズラトウーストとも)
没年月日 1949年4月13日
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 赤色教授学院ロシア語版卒業
ウファ薬剤コース修了
前職 メッセンジャー、薬剤師
所属政党 ボリシェヴィキ

ロシア共産党)ウファ県委員会
議長・責任書記
在任期間 1919年2月 - 3月
1921年12月 - 1922年9月

全連邦共産党(ボ)ノヴゴロド県ロシア語版委員会
責任書記
在任期間 1926年1月13日 - 1927年9月

全連邦共産党(ボ)ノヴゴロド管区委員会
責任書記
在任期間 1927年9月26日 - 1928年5月
テンプレートを表示

生涯編集

1893年ロシア帝国ウファ県ロシア語版カタフ・イヴァノフスクロシア語版ズラトウーストとも[1])に生まれた[2]。学校卒業後はメッセンジャーとして働き、さらにウファ薬剤コースを修了して薬剤師としても活動した[1]

1914年からボリシェヴィキとなり、ズラトウーストの地下組織で活動[1]1916年3月には逮捕されトゥルガイ州へ追放されたが、二月革命の発生によって恩赦され、翌1918年まで党ズラトウースト委員会の書記を務めた[2]。ズラトウースト・ソビエトでも活動したが、白軍の接近に伴い[1]5月に赤軍に入隊[2]。最前線でコサックと戦った[1]。翌1919年2月から3月まで党ウファ県委議長を務める一方、7月23日から10月1日まで第5軍ロシア語版第27狙撃師団ロシア語版の、同月8日から12月12日まで第26狙撃師団 (ru) の軍事委員ロシア語版を務め、また第5軍の政治部監査官にも就いた[2]。同年7月からは極東共和国人民革命軍 (ru) 政治副司令官を務め[2]党中央委極東局 (ru) でも活動した[3]

内戦後は1921年に党ベレベイロシア語版郡 (ru) 委粛清委議長を、同年12月から翌1922年9月(または6月[2])までウファ県委責任書記を[4]、同年7月から9月まではバシキール州委書記を歴任し、翌1923年から1926年1月までは[2]中央委副部長に就いた[3]。同月13日から翌1927年9月まではノヴゴロド県ロシア語版委の、同月23日まではノヴゴロド管区 (ru) 組織局の、26日から1928年5月まではノヴゴロド管区委の責任書記を歴任した[2]

その後はノヴゴロド州委書記[4]レニングラード市とレニングラード州の公教育部部長も務め、1932年にはモスクワ赤色教授学院ロシア語版を卒業[3]。同年からはモスクワ州ソビエト副議長、1934年からは州公教育部部長、1936年からは州芸術部部長を務め、1942年からは国家大薬剤庫管理者、1945年から1947年まではソビエト連邦保健人民委員部 (ru) および保健省英語版の大薬剤部部長を務めた[3]。その他モスクワ市ソビエトロシア語版副議長にも就き、第11回ロシア語版第13回ロシア語版第15回ロシア語版第16回ロシア語版の党大会にも出席している[4]

1949年4月13日、モスクワで死去した[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Абрамовский А. П. “БИСЯРИН Василий Григорьевич”. Энциклопедия "ЧЕЛЯБИНСК". 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Бисярин Василий Григорьевич”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e БИСЯРИН / Г. Д. Иргалин // А — Б. — Уфа : Башкирская энциклопедия, 2005. — (Башкирская энциклопедия : [в 7 т.] / гл. ред. М. А. Ильгамов ; 2005—2011, т. 1).
  4. ^ a b c Первые секретари Уфимского губкома, Башкирского обкома, Башкирского рескома партии (PDF)”. Архивы Башкортостана. p. 1. 2018年8月10日閲覧。
党職
先代:
ヴェニアミン・セデンコフ
ロシア共産党(ボ)ウファ県委員会議長
1919年2月 - 3月
次代:
ボリス・エリツィン
先代:
ボリス・ニンヴィツキー
ロシア共産党(ボ)ウファ県委員会責任書記
1921年12月 - 1922年9月
次代:
なし
先代:
アレクサンドル・クリャフス=クリャヴィン
全連邦共産党(ボ)ノヴゴロド県委員会責任書記
1926年1月13日 - 1927年9月
次代:
なし
先代:
なし
全連邦共産党(ボ)ノヴゴロド管区委員会責任書記
1927年9月26日 - 1928年5月
次代:
フョードル・イヴァノフ